◆クマノミ日記は星砂海岸に住むクマノミたちを中心に他の様々な生き物、浜の様子などをお届けするサイトです。

エルビーカヤックステーション西表島フィールドニュースヒナイサーラの滝&星砂の浜コースバックナンバー
クマノミと季節来遊魚の話
〜冬の海でもクマノミに会える〜
2004年7月20日カクレクマノミ
2004年7月20日(水)午後16時頃撮影 綿森
クマノミと季節来遊魚の話
本来、暖かい南の海でしか見る事のできないクマノミを冬の伊豆や房総の海で見かけることがあります。『えっ!どうして?』と思う方もいると思いますが、事実です。それは、日本近海を流れる海流”黒潮”に原因があります。この黒潮によって流され運ばれたクマノミの卵が運良く本州の伊豆や房総などに漂着しそこで生活するわけです。黒潮にのってやってくる魚はクマノミだけではありません。クマノミ日記にもよく登場するミツボシクロスズメダイなどのスズメダイ系の魚、その他たくさんの南の魚たちが黒潮に乗って南の海から本州へやってくるのです。このような魚たちの事をダイバーの間では『季節来遊魚』と呼んでいます。この言葉は造語のようです。クマノミを秋冬の海で見る事ができるなんてうれしいかぎりですね。でも水の冷たさがちょっと気になるところではあります。私は寒いのが苦手なので・・・。Yamada

前のページへ ■・・・クマノミ日記トップページ・・・■ 次のページへ

バックナンバーのページ

■星砂海岸のクマノミたちを、そして西表島の自然を守る

エルビーカヤックステーション西表島フィールドニュースヒナイサーラの滝&星砂の浜コースバックナンバー