◆クマノミ日記は星砂海岸に住むクマノミたちを中心に他の様々な生き物、浜の様子などをお届けするサイトです。

エルビーカヤックステーション西表島フィールドニュースヒナイサーラの滝&星砂の浜コースバックナンバー
■砂浜の生物
星砂の浜
2007年2月12日(月)

2007年2月16日16時頃撮影國見
■大きなハサミが特徴のオカヤドカリです。小さめの貝殻に体を入れて岩場を移動中。

■黒い岩場に目立つ体は少し不釣合いに見えます。直角をチョロチョロト動かしながら、何かを確認しながら歩いている姿は、石橋を叩いて渡るような感じです。

■彼らは、オカという文字が名前の前に来るように陸上生活をしているヤドカリです。オカヤドカリの仲間は、ヤシガニのみあげられます。大きさは5cmほどですが、ヤシガニと同じく下に垂れ下がった頑丈なハサミが似ています。

■主食は有機物を食べていることから、海岸でハサミを口に持っていく様子が見られます。オカヤドカリにも色々と種類が見られますが、小型個体でクリーム色なのはムラサキオカヤドカリのみのようなので、この種類だと思われます。

■危険を感じると貝の中に体をすぼめる様子が見られるようですが、あまりに貝殻が小さすぎるようです。早く体にあった新しい貝殻を見つけないと、天敵に襲われるかもしれません。

■浜辺を歩きながら小さな生物を散策するのも、子供に戻ったようで楽しいですね。


木下




■■クマノミ日記トップページへ戻る■■■クマノミ日記バックナンバーへ戻る■■

■星砂海岸のクマノミたちを、そして西表島の自然を守る

エルビーカヤックステーション西表島フィールドニュースヒナイサーラの滝&星砂の浜コースバックナンバー