◆クマノミ日記は星砂海岸に住むクマノミたちを中心に他の様々な生き物、浜の様子などをお届けするサイトです。

エルビーカヤックステーション西表島フィールドニュースヒナイサーラの滝&星砂の浜コースバックナンバー
■タイドプール
星砂の浜
2008年4月25日(金)

2008年4月25日16時頃撮影:木下

■星砂の浜では、約半月の間写真のような顔をみせます。と言いますと、夏へ向かって潮の満ち引きが、日中に大きく引くからです。

■干潮時には、外洋からの水の流入がなくなり、湖のような場所が転々と現れます。沖縄では、これをイノー(磯池)と呼びます。

■日中の水温は、直射日光によりグングンと上がり暖かく感じる場所まであります。こういった場所に足を踏み入れて、膝丈まで浸かる程度のところを散策しみるのも楽しいです。

■手の触れられる場所にいる魚達と人との距離が大切です。潮に取り残された生物達は、人の動き1つで岩の隙間に身を隠します。

■生き物の許す範囲内で泳いで見たり、動かざるものは触れてみたりと、子供にかえって五感を鍛えています。

木下


■■クマノミ日記トップページへ戻る■■■クマノミ日記バックナンバーへ戻る■■

■星砂海岸のクマノミたちを、そして西表島の自然を守る

エルビーカヤックステーション西表島フィールドニュースヒナイサーラの滝&星砂の浜コースバックナンバー