◆クマノミ日記は星砂海岸に住むクマノミたちを中心に他の様々な生き物、浜の様子などをお届けするサイトです。

エルビーカヤックステーション西表島フィールドニュースヒナイサーラの滝&星砂の浜コースバックナンバー
■潮の早い日
星砂の浜
2008年8月3日(日)

2008年8月1日15時頃撮影:國見

■■新月の大潮周り、干満の潮位の差は約2メートルもあります。この広い海に海面の高さが2メートルも朝と昼のたった半日ほどで変わってしまいます。

■その時の潮が動くスピードは、なかなか早く、僅か数分で周りの景色が変わるほどです。海の中でも、小さな魚達は、サンゴの間で身をひそめてやり過ごします。

■クマノミ達の近くに棲む、ミスジリュウキュウスズメダイ。とても小さな身体で潮に向かって泳いでいます。流れに流されないように頑張っています。

■魚にとって潮の動きは、新鮮な水が出入りするので元気の源でもあります。潮に揺られる姿もなかなか可愛いものです。

礁池の中でよどんだ海水に、新鮮な外洋からの冷たい海水が入り込みます。見た目も澄んでいて、人間にも魚達にもフレッシュで気持ちよさが感じられます。

國見

■■クマノミ日記トップページへ戻る■■■クマノミ日記バックナンバーへ戻る■■

■星砂海岸のクマノミたちを、そして西表島の自然を守る

エルビーカヤックステーション西表島フィールドニュースヒナイサーラの滝&星砂の浜コースバックナンバー