LBホーム
西表島フィールドニュースヒナイサーラの滝&星砂の浜コースバックナンバー一覧

 
◆クマノミ日記は西表島の星砂海岸に住むクマノミたちを中心に他の様々な生き物、
浜の様子などをお届けするサイトです。

クリックで、バックナンバー一覧へ飛びます!  

星砂海岸
2009クマノミ日記


2009年8月25日(火)

撮影 2009年8月25日(火)

『夏、元気いっぱいです!!』

■夏休みも終わろうとしています。暦の上では「処暑」。暑さも打ち止めのはずですが・・・。西表島の暑い日はまだまだ続きます。毎年の事ですが、サンゴ礁に守られた穏やかなタイドプールの中は、まるで温泉のようにぬるま湯状態になります。

2009年の夏は海水温が28〜29℃ですので温水プールと言ったところでしょうか。海から上がると風が肌寒く感じます。

さて、そんな星砂の海岸に暮らしているカクレクマノミの家族ですが、台風後も特に変わった様子はありませんでした。とにかく「元気いっぱい」です。少し近づいただけで相当威嚇(いかく)をしてきます。尾びれで手をはたいてくるほどです。

このカクレクマノミが私の基準です。何せ一番最初に見つけたクマノミで、3度目の夏を一緒に過ごしているわけです。

先日、ツアーでシュノーケルコースに行ってきました。風に流されいつもの泳ぐポイントから少しずれたのが幸いして、いくつものイソギンチャクとカクレクマノミを見つけました。

しかし...、どれも思っているほど元気がありません。近づけばイソギンチャクに隠れてしまうのです。まぁ、その名の由来通りに隠れるのが当たり前なのかも知れませんが、星砂のカクレクマノミと比べるとあまりの元気のなさに心配になってしまいます。

どちらが本来の行動でしょうか、隠れるのも威嚇するのも「カクレクマノミ」の特長です。その個体の性格と言ってしまえばそれまでですが、なにか不思議に思います。とにかく元気がなによりなのは間違いないでしょう!
國見
前へ 最新の記事へ 次へ

■エル・ビー・カヤックステーションのホームページに使われている、写真及び文章等の無断使用及び転用を禁止いたします。■
■(C)Copy Right L.B.KAYAK STATION 2004 All Rights Reserved.