LBホーム
西表島フィールドニュースヒナイサーラの滝&星砂の浜コースバックナンバー一覧

 
◆クマノミ日記は西表島の星砂海岸に住むクマノミたちを中心に他の様々な生き物、
浜の様子などをお届けするサイトです。

クリックで、バックナンバー一覧へ飛びます!  

星砂海岸
2011クマノミ日記


2011年2月20日(日)最新版

撮影 2011年2月19日(土)

『潮が引いている星砂海岸』

 昨日、星砂海岸にてクマノミ観察をしました。
日中は潮が引き、潮位が30cm程。どれくらいの浅さになるかというと、
だいたい海の中をスネからヒザぐらいの潮位で、海の中を歩いていけます。

昨日はちょうど、その干潮時刻の時間だったので潮が引き、クマノミの観察場所まで歩いていけました。

カクレクマノミが住む海水温は、約20℃くらいの暖かさ。海水に足だけが浸かっている分には、あまり寒さは感じません。

カクレクマノミはというと、潮位が低いこともあり、イソギンチャクの住処から身体を出す個体は、ほとんどおらず、顔だけ出しているクマノミが多く見られます。

しかし、あるイソギンチャクの住処では、私達が近づくと小さなクマノミが住処から出てきて優雅にイソギンチャクの周りを泳ぎ始めました。

あまり警戒心が無いのか、見ている私達に興味があるのか分かりませんが、長い時間泳ぐ姿を見せてくれます。

毎回、見れるわけではないので、私たちも間近でゆっくりと泳ぐ様子を楽しませてもらいました。

これから春に向けて、西表島でも暖かい日が多くなり、泳げる季節も遠くはなさそうです。
これからのクマノミ達の活動の様子が、楽しみな季節になってきました。

                               猿田

前へ 最新の記事へ 次へ

■エル・ビー・カヤックステーションのホームページに使われている、写真及び文章等の無断使用及び転用を禁止いたします。■
■(C)Copy Right L.B.KAYAK STATION 2004 All Rights Reserved.