西表島 星砂海岸クマノミ日記 シュノーケル(スノーケル)で遊ぶ LBカヤック

西表島の有名な観光スポット、星砂海岸で暮らすカクレクマノミをご紹介!
星砂の浜にはたくさんのカクレクマノミが暮らしています。しかし、それを偶然見つけるはなかなか困難です。

LBガイドは、何年もの期間、泳げるようになる3月〜10月頃になると、星砂の浜でカクレクマノミを観察しています。
また今年も、カクレクマノミの家族の生活史や個体の成長を楽しみにカクレクマノミに会いに行ってきます!

不定期な更新になりますが、「ピナイサーラの滝つぼ&星砂の浜コース」及び「ゲータの滝&星砂の浜コース」の
ツアー開催に合わせて、ガイドが見てきたカクレクマノミ(ニモ)のようすを更新します。

LBホーム西表島フィールドニュースピナイサーラの滝&星砂の浜星砂の浜&ゲータの滝サワートレッキングバックナンバー

星砂海岸クマノミ日記2012
6月30日(土)「礁池(イノー)鑑賞は、歩く水族館!」
2012年6月30日ガイド國見撮影
夏はやっぱり海遊びが楽しいですね!

沖縄の島々のほとんどはサンゴ礁に囲まれ、波打ち際から数十メートルから場所によっては百メートル以上もサンゴのリーフに守られた礁池が広がります。

礁池(イノー)とは、干潮時に干上がり、海水が残った水溜りを意味します。調べてみるとラグーンの方言がイノーです。浅くなったイノーは、まさに天然の水族館!

岩礁の隙間などの深みには大小さまざまな熱帯魚が舞い踊り、見慣れないカラフルな生き物達が水溜りを闊歩します。

干上がって空気にふれるサンゴ、海から浮かびあがる景色は、いとも簡単に竜宮城を連想させる非日常の美しさがあります。

浅くなった水溜りを回り、ガイドがお気に入りのカクレクマノミに会いにいくと、この夏の変化を発見しました。少し大きくなったイソギンチャクには、新たなクマノミの仲間が増えていました。

あっと言う間に月日を重なり、幾年月かの夏です。ちょっとした変化にクマノミ達のドラマを感じます。

映画ファインディング・ニモとまでは言えませんが(笑、ちょっとしたドラマを聞きたい方は、どうぞガイドに声をかけて下さい!

2012年6月30日 國見
2012年、星砂の浜に暮らすカクレクマノミ

2012年6月30日更新!
info@lbks.jpまでご感想、ご意見をお待ちしております

前回のクマノミ日記

台風が過ぎ去った後で...



バックナンバー一覧


西表島の旬をお伝えするコンテンツ

西表島フィールドニュース
・西表島フィールドニュース

西表島から見る鳩間島・海の表情
・西表島の海の表情(旧鳩間島)


西表島の季節を楽しむ風物詩

西表島ホタル観察記

サガリバナ通信

西表島の「旬」な瞬間!

西表島さくら通信





■下記の写真はそれぞれ大きくなります。星砂海岸の様子です。
ご覧ください。

静かな星砂海岸でゆっくり時間を過ごしました。
泳げばすぐに、青く小さなスズメダイが迎えてくれました。
勇猛果敢なカクレクマノミのお母さんが飛び出してきました!
3年目にわたり通っていますので、このカクレクマノミとは友達?のつもりです。
L.B.KayakStationホームへ
西表島をガイドと遊ぶ、自然体験エコツアー、
西表島の旬な情報をLBカヤックがご紹介します!
西表島へのアクセス 会社案内 info@lbks.jp
2010夏・真っ赤に熟れたアダンの実
LBカヤックのすべてのホームページは、素材などは購入することもありますが、
LBスタッフが全員で手作りで更新しています。

日々より良い情報を皆さまにお伝えできるように改善を心がけていますので、
ご意見やご感想は、お気軽にご連絡下さい。


エル・ビー・カヤックステーションのホームページに使われている、
写真及び文章等の無断使用及び転用を禁止いたします。

(C)Copy Right L.B.KAYAK STATION 2010 All Rights Reserved.