2009年度版・西表島の自然図鑑
<戻る最新号へ西表島の自然図鑑のバックナンバーへ次へ>


関連のページ

ホーム

西表島を満喫できるツアーを行なっています。


西表島
フィールドニュース

今日の西表島の様子を、ガイドの視点から、写真入りでお伝えしています。毎日更新!

西表島の季節の
イメージをつかむ


今の季節は、どんなでしょう?西表島フィールドニュースのバックナンバーです。
ご旅行のご計画時にご参考にしてください。


鳩間島

本日の西表島から見た海模様,空模様,お天気は?毎日更新!

天気予報
週間天気予報




西表島の5月 その1 「香る森」
コミノクロツグ
■アカショウビンが飛んできてもうすぐ一ヶ月が経ちます。若 夏(うるずん)の到来からそろそろ梅雨の入りが気になってきました。そして西表島のジャングルは、今とても良い香りがします。

たくさんの種類の花々が咲き誇っている中、最も香りの強い 花がジャングルで咲いています。それは、ヤシ科の植物でコミノクロツグと言います。ヤシの花と言われても想像がつかない人が多いと思いますが、他のヤシ科の植物と比べてもヤシ科の花だなと解ります。

何より花を目で見つけるよりも、香りを先に感じるほどの芳香性をもっています。ジャングルの中を風が通り過ぎると、ふわりと香りが鼻元にやってきます。周囲を見渡すと花と思われる姿がなく、数メートル先にコミノクロツグの葉が見えるだけの時もあります。

鼻の効く人は、ジャングルの中に入ったとたんに質問されます。キンモクセイのような香りがし、中にはナツメヤシのようだと言われる人もいます。イヤにならない香りなので、ジャングルを歩いている途中にふと香りがすると、ツアーに参加される方と香りについての会話になります。

天然のアロマセラピーのような今のジャングル。歩いて感じるのは、目で見て肌で感じるものだけではなく、鼻を通じて西表島の今を感じ取れます。

2009年5月4日 木下

<戻る最新号へ西表島の自然図鑑のバックナンバーへ次へ>