2009年度版・西表島の自然図鑑
<戻る最新号へ西表島の自然図鑑のバックナンバーへ次へ>


関連のページ

LBホーム

西表島を満喫できるツアーを行なっています。


西表島
フィールドニュース

今日の西表島の様子を、ガイドの視点から、写真入りでお伝えしています。毎日更新!

西表島の季節の
イメージをつかむ


今の季節は、どんなでしょう?西表島フィールドニュースのバックナンバーです。
ご旅行のご計画時にご参考にしてください。


鳩間島

本日の西表島から見た海模様,空模様,お天気は?毎日更新!

天気予報
週間天気予報




西表島の6月 その1 「夜の海岸に「ヤシガニ」現る!
2009年6月その1 夜の海岸

■2009年、西表島の梅雨は雨が降らず、暑い日が続いています。30℃を超す真夏日や熱帯夜も時折訪れ、夏が歩み寄っている音が聞こえてくるようです。

潮風に誘われて海岸を散歩すれば、色々な生き物との出会いがあります。南風が亜熱帯の森を吹き抜ければ、ジャングルの生き物達が活発に動き始める季節です。

海岸とジャングルの境は、アダンが群生しています。アダンの入り組んだ根とトゲのある葉が人間が入り込むのを拒み、生き物達の安全なねぐらを作っています。

赤く熟れたアダンの実を食べにヤシガニや大ヤドカリが夜の海岸を歩き回ります。アダンの甘い香りや砂浜に残る規則正しい足跡が居場所をそっと教えてくれます。

小さくてもヤシガニは力が強いので捕まえるのにも思わず腰がひけてしまいます。強力なハサミには要注意しなくては怪我をしますので、触るときは気をつけましょう。

砂浜には、いくつも穴があいています。打ち寄せる波に合わせて走り回るスナガニが姿を見せてくれます。昼間は姿を見せない生き物の姿が見られます。

真っ暗らな夜は、昼間の騒がしい海岸とは様子が違います。気がつけば海岸線をひたすら歩き続けていました。懐中電灯の照らす範囲しかない視界と、風と波のさざめきに感覚が研ぎ澄まされて、普段見えないものが見えてくるような気がしました。

2009年6月2日(火) 國見

■追加掲載の写真です。(2009年6月7日(日)更新)
ヤシガニの様々な表情の写真をUPしましたのでお楽しみ下さい!
■夏季の満月の大潮には、夜の海岸には様々な甲殻類が産卵にやってきます。そこには殻を持たないヤドカリの仲間、ヤシガニもやってきます。
ご覧下さい!


番号や写真をクリックすると拡大します。
No.1
満月の大潮、夜の海岸に現れたヤシガニN0.1
No.2
満月の大潮、夜の海岸に現れたヤシガニNo.2
No.3
満月の大潮、夜の海岸に現れたヤシガニNo.3
No.4
満月の大潮、夜の海岸に現れたヤシガニN0.4
No.5
満月の大潮、夜の海岸に現れたヤシガニN0.5

ヤシガニの動画はこちらをクリック!
動画サイト「You Tube」を利用しております。

<戻る最新号へ西表島の自然図鑑のバックナンバーへ次へ>