2010年度版・西表島の自然図鑑
<戻る西表島の自然図鑑のバックナンバーへ次へ>


関連のページ

LBホーム

西表島を満喫できるツアーを行なっています。


西表島
フィールドニュース

今日の西表島の様子を、ガイドの視点から、写真入りでお伝えしています。毎日更新!

西表島の季節の
イメージをつかむ


今の季節は、どんなでしょう?西表島フィールドニュースのバックナンバーです。
ご旅行のご計画時にご参考にしてください。


鳩間島

本日の西表島から見た海模様,空模様,お天気は?毎日更新!

天気予報
週間天気予報




西表島の1月 その1 「川沿いの鮮やかな黄色」

2010年1月新年を伝えるツワブキの花■2010年明けましておめでとうございます。新年が始ま り西表島の川沿いでは今、ツワブキの花が咲き始めています。満開とはいきませんが、黄色の花束がポツリポツリと見えるとどことなく心が明るくなります。

■ツワブキは、川の渓流沿いで見つけられます。水気のある場所では、川が近くなくても見られ、ハートのような形をし た葉で解ります。この時期は、つぼみをつけていたり、茎を 大きく伸ばしていたりするので、良くわかります。

■キクの仲間であり、同じ時期に西表島の固有種であるテリハノギクも咲いています。香りは、やはりキクの花のような香りがします。花は鮮やかな黄色い花を付け、遠くから見ても咲いているのが目視できます。

■西表島には、ツワブキの変種であるリュウキュウツワブキも咲きます。一目見て判断するは難しいのですが、葉がツワブキよりとがっている様に見え、扇型のようです。花弁もツワブキはふっくらした楕円に対して、リュウキュウツワブキは細長くツワブキの花弁を引き伸ばしたかのようです。

■ツワブキの花が見られると、年末を感じそして新しい年の予感を感じさせる1月の花です。内地では、10月・11月に咲く花ですが、お正月の花と私は感じています。

■新たな年を迎え、ツワブキの黄色が川沿いの緑に栄える頃、植物を通じて節を感じます。

2010年 1月1日(金) 木下




<戻る|西表島の自然図鑑のバックナンバーへ|次へ>