2010年度版・西表島の自然図鑑
<戻る西表島の自然図鑑のバックナンバーへ次へ>


関連のページ

LBホーム

西表島を満喫できるツアーを行なっています。


西表島
フィールドニュース

今日の西表島の様子を、ガイドの視点から、写真入りでお伝えしています。毎日更新!

西表島の季節の
イメージをつかむ


今の季節は、どんなでしょう?西表島フィールドニュースのバックナンバーです。
ご旅行のご計画時にご参考にしてください。


鳩間島

本日の西表島から見た海模様,空模様,お天気は?毎日更新!

天気予報
週間天気予報




西表島の3月 その3 淡いピンクのツツジ「聖紫花(セイシカ)」

■西表島に三寒四温の春がやってきました。暖かな南風と冷たい北風のせめぎあいが続いています。夏のような暑さかと思えば、真冬のような寒さが交互にやってきます。

そんな春に満開を迎えるのが、「ツツジ」です。内地では5月頃の初夏に見頃を迎える花ですが、西表島では春を告げる花となります。日本各地で見る事ができるツツジの仲間ですので、季節感の違いを感じさせてくれます。

西表島には、個体数は少ないですが、ピンクのとても可愛らしいツツジが咲きます。聖なる紫の花と書いて、「セイシカ」です。大きな花びらには迫力もあり、淡いピンク色には優しさを感じます。香りも良いので、春のジャングルに清涼感が漂います。

ツツジと言えば、幼い頃の思い出があります。花の奥に溜まった蜜を吸うと甘くておいしいのです。この話をツアー中にすると、以外にも皆さん同じ事をやっていて、
「子供の頃よくやりました!」と共感してもらえることに驚きました。

西表島には数種類のツツジが自生しています。ジャングルの色濃い緑にピンクの花や赤い花が良く映えて、渓流沿いに日本的な風情を感じます。しかし周りを見渡せば、亜熱帯の植物に囲まれています。

ツツジの咲く頃、眠っていた島の景色が、春色に目を覚まします。次々に亜熱帯の花が開花し始めています。少し不安定な天気も、穏やかな季節になる準備です。天気を楽しむことができるのも季節が景色に「花」を添えているからでしょうね。


2010年 3月13日(土) 國見


2010年に咲いた聖紫花(セイシカ)の様子をお楽しみ下さい!
No.1 No.2 No.3 No.4


<戻る西表島の自然図鑑のバックナンバーへ次へ>