2010年度版・西表島の自然図鑑
<戻る西表島の自然図鑑のバックナンバーへ次へ>


関連のページ

■LBホーム

西表島を満喫できるツアーを行なっています。

■西表島
フィールドニュース


今日の西表島の様子を、ガイドの視点から、写真入りでお伝えしています。毎日更新!

■西表島の季節の
イメージをつかむ


今の季節は、どんなでしょう?西表島フィールドニュースのバックナンバーです
ご旅行のご計画時にご参考にしてください。

■鳩間島

本日の西表島から見た海模様,空模様,お天気は?毎日更新!

■天気予報
■週間天気予報


<最新号>・・・西表島・9月の「旬」な瞬感その2
西表島、
「干潟に現れる生き物達」


干潟に現れるミナミコメツキガニ■9月も半ばに入り、朝晩はだいぶ涼しさを感じられるようになってきた西表島。

空模様も真夏の真っ青な青空や大きい入道雲の空も少しづつ変わり始め、秋に見られるような、すじ状の雲が見られるようになってきました。

それでも日中は30℃を越し、まだまだ水に入るのが気持ちがいい季節が続いています。

西表島では海の潮位によって見えてくる景色がまったく違います。
はじめてツアーに参加された方達は皆、驚きます。
カヤックで漕いできたところが、帰りには広い陸地が見えているのです。

潮が引くとマングローブの根は根元まではっきりと見えます。さまざまな生き物達が潮が引くのを首を長くして待っていたかの様に、干潟に出てきて活発に活動をはじめるのを見ることができます。

干潟で一番多く見れる代表的な生き物が、ミナミコメツキガニ。潮が引いたばかりの干潟一面にたくさんのミナミコメツキガ二が現れ、土の中の栄養分を濾しとるように食事をはじめます。
二本の小さなハサミと8本の足、カニというよりも、はじめて見る人達は「クモみたい!」と言います。観察をしていると可愛らしいところもあります。

潮が引いたばかりの干潟では、水際にびっしりと2本のハサミを上手に使い、土を食べるような仕草をして、食事をするたくさんのミナミコメツキガニを見ることが出来ます。

ミナミコメツキガニの他にも片手だけハサミが大きいオキナワハクセンシオマネキやミナミトビハゼなども多く見ることが出来ます。

西表島の干潮時に見える様々な生き物達を写真を入れて紹介していきます。


2010年 9月11日(土) 猿田



■ミナミコメツキガニの動画
ミナミコメツキガニが干潟から現れる様子はこちらから!
ミナミコメツキガニが干潟に潜る様子はこちらから!

■ミナミコメツキガニをツアー中に見れる日(ツアー時に干潮に当たる日)
※2010年
・10月 4日〜10日、18日〜24日 
・11月 3日〜6日、17日〜21日 
・12月 2日〜4日

※2011年
・1月 1日〜6日、16日〜21日
・2月 15日〜20日
・3月 2日〜8日、16日〜22日、31日
★石垣島地方・潮位表をご覧下さい!
※ツアー時に予めガイドにご相談ください。天候などの状況により見れないことがあります。

■西表島の旬 西表島、「干潟に現れる生き物達」※随時、写真を更新していきます。
No.1 No.2 No.3 No.4
No.5 No.6 No.7 No.8
       

<戻る西表島の自然図鑑のバックナンバーへ次へ>