2010年度版・西表島の自然図鑑
<戻る西表島の自然図鑑のバックナンバーへ|次へ>


関連のページ

LBホーム

西表島を満喫できるツアーを行なっています。


西表島
フィールドニュース

今日の西表島の様子を、ガイドの視点から、写真入りでお伝えしています。毎日更新!

西表島の季節の
イメージをつかむ


今の季節は、どんなでしょう?西表島フィールドニュースのバックナンバーです。
ご旅行のご計画時にご参考にしてください。


鳩間島

本日の西表島から見た海模様,空模様,お天気は?毎日更新!

天気予報
週間天気予報




<最新号>・・・西表島の4月 その3 初夏の季節を感じる「テッポウユリ」

■西表島の4月。晴れれば初夏の気候で暑くなりますが、少し天気が崩れると涼しくなり、まだまだ寒さを感じる事もある西表島。

新たなスタートをきる人達が多いこの季節。4月も中盤に入り、新しい習慣に慣れて来た頃ではないでしょうか。

自然の中でも、春になると咲く花達が蕾を開き、土の中で眠っていた昆虫たちも活発に動きだしてきています。

みんなが春を待っていたかのように活発になる春。
西表島でも色鮮やかな花が咲く中で、凛とした白い花が咲き始めました。
海岸沿いの岩場などにも咲くその花の名は『テッポウユリ』

西表島では、3月頃から白い蕾が付きはじめていて、4月に入り初夏の陽気になると徐々に花を咲かせていきます。ラッパの様な花の形をしているのが特徴的です。また、花びらが1枚1枚分かれているように見えますが、根元の部分から花びらが筒状になり、花の先で6枚に開いています。

海岸沿いの岩場で海に向かって1輪だけ咲いているテッポウユリを見たときには、何かこの花の凛とした強さを感じました。
風が強いところでも咲くことが出来、なおかつ綺麗な白い花をつける。

人が植えれないような場所に自生しているテッポウユリもあり、カヤックを漕いでいる時に海岸の岩場などで1だけのテッポウユリを見つけると、何故か嬉しい気分になり、風に負けずに咲き続けろよ〜!と応援したくなります。
本当に人が住んでいない様な場所で自生しているので、驚きです。

春から夏に向かうこれからの季節、5月〜6月頃まで綺麗に咲いてくれるテッポウユリを見ながらカヤックを楽しむのも良い季節ですね。

猿田

■初夏の季節を感じる「テッポウユリ」
No.1 No.2 No.3


2010年 4月18日(日) 猿田


<戻る西表島の自然図鑑のバックナンバーへ|次へ>