シーカヤックとは?【西表島の自然をカヌー・トレッキングで遊ぶ・楽しむ・体験する】

シーカヤックついて

シーカヤックについて

未知の自然を魅せてくれる シーカヤック

イヌイット語で「皮張りのボート」。シーカヤックは本来、狩猟や荷物の運搬など、
イヌイット(エスキモー)達、極北の人々が日常的に使う道具でした。
そんな生活道具が20数年前、欧米で旅の道具やレジャー用の舟に変わり、
この八重山の海や川にも浮かぶようになったのです。

シーカヤック? カヌー?

「区別がつかない」という人も多いと思いますが、シーカヤックはカヌーの一種です。カヌーとは人が簡単に持ち上げて陸上を移動できる手漕ぎ舟の総称です。また、カヤックは、漕ぎ手の下半身が舟の中に隠れるデッキを備えた小舟で、その海用のものをシーカヤックといいます。舟尾に舵がついており、両足を使って操縦できます。

 

旅をするために沢山の荷物を積めるもの、スピードを重視した細いもの、波間で遊ぶための短いものなど、シーカヤックにもさまざまな種類があり、遊びのスタイルによってカヤックの形が変わります。L.B.カヤックでは、旅を安全に味わって頂くため、アメリカ製のノースウエストカヤックス社のカヤックを使用しています。

kayak1_image1

 

kayak1_image2

別世界へ誘うシーカヤックツアー

漕ぎ手が一生懸命に波の音や盛り上がり方、風の音、風向き、水温、気温を感じることができれば、シーカヤックは非日常の世界を見せてくれます。

 

潮の満ち引きの中で間近に見られるサンゴや海草、魚たち。海上でカヤックから降り、ロープを引きながら海を泳ぐと、そこには楽園が広がっています。かつて狩猟用に開発されただけあって、カヤックは静かに推進し、相手に悟られずに近寄ることが得意な道具。思わぬところで動物達に遭遇することもあります。

 

また、西表島にはいくつもの川があり、カヤックはここでも威力を発揮。水深が浅くても進めるので、観光船の入れない場所にも行くことができ、時には「ここが日本か?」と思うほどの光景を目の当たりにします。

 

シーカヤックは激流くだりのカヤックとは異なり、緊張感はありません。それどころかL.B.カヤックのツアーでは、まったりとした時間や空気の流れを感じることができます。それがシーカヤックの世界なのです。

kayak2_image1

 

kayak2_image2

 

kayak2_image3

古くから伝わる沖縄の手漕ぎ舟

沖縄には「サバニ」というカヌーに似た形の小さな舟があります。北方民族によって作られたカヤックに対し、サバニは日本の南の島で独特の発展を遂げた舟です。

 

主に狩猟目的と島々をつなぐ交通手段として利用され、それぞれの地域の特徴の中で発達してきました。現在、サバニは沖縄の伝統行事「ハーリー」などのお祭りで漕ぐ様子を見ることができます。

 

かつては世界中で活躍し、生活に関わる道具として用いられていた小さな手漕ぎ舟。そんな舟のひとつ「カヤック」を、L.B.カヤックでは「自然を感じるために最適な道具」として位置づけています。

サバニ船

 

サバニ船

シーカヤックに関する書籍
SEA KAYAKING(シーカヤッキング)
著 者:JOHN DOWD(ジョン・ダウド)
訳 者:堀田 貴之、ローリー・イネステイラー
出版社:CBS・ソニー出版
発行日:1990年7月5日
book
船浮湾フィールドレポート
シーカヤックツアー事故に関するリンク