Archive for the ‘西表島 食べ物’ Category

【甘くておいしいパイナップル】西表島で食べられる島産パイン

パイナップルの季節がやってくる!

18641443_1010246332439628_393845297_o

沖縄の夏といえば「パイナップル」

西表島の6月はパイナップルの季節。
もうすぐパイナップルの季節到来です!

パイナップルは南アメリカが原産

ブラジルを中心とした南アメリカ原産のパイナップル。
1845年日本では江戸時代。オランダ船により日本に伝わってきました。
小笠原や沖縄に伝えられ、栽培が始まりました。

貴重な国産パイン

温暖な気候でなくては育たないようです。
本州で売られているパイナップルは、ほとんどが輸入品だそうです。
貴重な国産パイナップルが美味しく食べれる西表島。
西表島に来たら、パイナップルを食べなくては損してます。

西表島で栽培されている品種

西表島で栽培されている品種はハワイ種、ピーチパイン、スナックパイン、
ゴールドバレル…と様々な品種が栽培されています。
パイナップルと言っても、1種類だけではないんです!!

最近の流行は糖度の高いパイン

最近の流行は糖度が高く、甘みの強いものだそうです。
西表島で食べたパイナップルは酸っぱいものはあまりありません。

ピーチパイン

18618404_1010288319102096_904190942_o
香り、味共に甘みのあるパイナップル。
正確な品種名は「ソフトタッチ」と言うもの。
西表島の各所で売られているのを目にします。
西表島で一番売られているパインではないでしょうか。

ゴールドバレル

18597167_1010288245768770_623379012_o
高級品!一言で言って高級品!
味はまだ試したことがないので、何とも言えませんが
POPを見てもらってもわかるように濃い味のようです。
今度買ってみます!!!

スナックパイン

パインの変わり種??
ちぎって食べれるパインです。
ちぎって食べる??と思うかもしれませんが
パインの柄のひとつひとつがちぎれます。
ピーチパインに比べると少し酸味があるかなと感じます。
少しすっぱい方がイイ!という人におすすめ。

西表島島内で購入できる場所

西表島島内では無人販売も!

西表島では、島内の至る所で無人販売のブースが設置されています。
どこも同じというワケではなく、それぞれの農家さんが自分のブースに出品します。
農家さんによって置くものが違ったり、味が違ったりと個性的。
島に来た時は、無人販売巡りをしてみてもおもしろいかも!
同じ品種でも育つ土地、日の当たり具合、水の量などが違ってきます。
農家さんのこだわりもそれぞれで違ってくるので、
お好みの味を見つけてみてください!

もちろん港でも買えます!

18618281_1010288375768757_1875837372_o
無人販売所まで買いに行かなくても、港の中でも買えたりします。
高級品のゴールドバレルも置いてあり、目をひきます。
高級品過ぎて、まだ食べたことはありませんが、ぜひとも試してみたい品種!

西表島に来たらパイナップルを食べてください!

貴重な国産のパインが西表島ではお手軽に手に入ります。
缶詰めのパインとは段違いの美味しさ!
ぜひ、だまされたと思って買ってみてください。
西表島での素敵な思い出になると思います。
 
 
ガイド飯田(写真/文)

カマイ汁とゆんたく

DSC_2002

 

そろそろ11月も終わりを迎えようとしている今日この頃、

北風が吹くと少し肌寒く感じる時期になってきました。

 

この日はツアーが入っていなかったので、

朝からカマイ(イノシシ)を炊くことに。

 

カマイとは西表島の方言でイノシシのこと。

 

西表をはじめ琉球諸島のイノシシはリュウキュウイノシシと呼ばれ、

とりわけ西表島の場合は、豚と混血しておらず、原種であるため、

主食がドングリや椎の実なので、

脂身はさらりとして甘味があります。

 

今回のカマイ汁では

昨年の冬に一頭買いした時のカマイ肉(内臓含む)を使いましたが、

カマイの狩猟期間は11月15日~2月15日。

 

なので今の時期は新鮮なカマイ肉(特に刺身が美っ味い!)が

西表で食べられる可能性大!

 

内地の皆さんにも是非食べていただきたい一品です。

 

さてさて、話しを戻しましょう。

 

カマイを炊く前に、薪の調達から。

使わない木材の解体です。

DSC_1948

 

飯田氏の怪力がうなり、

DSC_1913

萩原氏の見事なお尻が炸裂。

DSC_1950

 

ではなくノコで細かく切っています。

※奥の緑Tシャツの人(金原氏)、突っ立ってないで手伝ってください(笑)

DSC_1951

着火開始!

DSC_1981

 

カマイ投入!

DSC_1984

内臓もたんまり!(カマイは捨てる部位がほとんどありません)

DSC_1986

 

和気あいあいー

DSC_1995

 

さぁ、ここからじっくりと煮込んでいきます。

DSC_1983

 

 

煮込み中は手が空くので、他の仕事を探しましょうね。

 

ご近所に迷惑になりそうなクワの木を切る金原氏。

DSC_2006

 

それを草むらへ持っていく廣瀬氏(ヤギの飼い主)とベー吉氏(ヤギ)。

DSC_2020

相撲をとります。(力関係ほぼ互角)

DSC_2036

おおっ!

DSC_2042

飼い主の勝ち~☆

DSC_2080

 

 

一方、鍋の方に目をやると、、、

 

 

飯田氏。

※朝から晩まで火の番人をしていました。後姿が仙人ぽい(笑)

お疲れさまでございます。

DSC_2087

 

 

いつの間にか請福(泡盛)が置いてあるし(笑)

DSC_2091

 

この日はカマイ汁だけでなく、

8月後半の2週間、インターンシップでLBに来てくれていた

ケイタ(神戸出身)が送ってきてくれたお肉も準備☆

DSC_2093

 

夕方4時、ゆんたく開始!

DSC_2096

DSC_2095

 

火を見ているだけで何だか癒されます。

DSC_2099

すっかり陽も暮れ、火が一段と綺麗に。

DSC_2107

 

DSC_2100

 

炉の番人(飯田氏)、一日中お疲れさま。いい顔してます!

DSC_2108

 

青年会活動でエイサー(伝統芸能)に行ってた廣瀬、

帰ってくるなりケイタが送ってきてくれたお肉をいただきます!

DSC_2115

 

ケイタすごく美味しいよ!

いろんなお肉をたくさんありがとうm(_ _)m

また西表に遊びに来てね。その時は接待するから☆

DSC_2117

 

こんな贅沢なBBQ、都会では体験できません。

 

西表島での生活から得て、学んで、そして感じることを大切に。

ここでの日々の暮らしが

如何に貴重なものであるかを

あらためて実感した一日に。

DSC_2137

 

~追伸~

今日のお昼ご飯もカマイ汁(&おにぎり)

美味しくいただきました。

11637994_437738109756852_1711249580_n

 

ガイド萩原(写真/文)、ガイド廣瀬(写真)

今日のおむすび(10月10日)

今日、事務所に帰ると「ヤマネコの足跡がある!!」とのこと!

ヤマネコ?事務所に?

 

嘘でしょと思いながらも

昔の西表の人はヤマネコと身近に暮らしていたという噂も聞いていたので、

まさか、まさかと思いながら確認してみました。

 

そのまさかでした。。。

20151010_165147

見事に騙されました。。。

 

おむすびの話でした。。

残念に思いながらも、まぁ、そうだよなと

おむすびをほうばります。

20151010_165237

ベーシックな塩むすび。

梅干し入り。

紀州梅の味は少し、しょっぱく

涙の味がします。

 

悔しいですが、美味しい。

そんな複雑な味のおむすびでした。

20151010_185307

くり抜いた足跡のりは、夕食の豆腐の飾りに利用されていました。

最近ヤマネコづくしのLBカヤックです。

 

今日も、ごちそう様です!!!

 

ガイド飯田(写真/文)

今日のおむすび(10月9日)

本日、荷物が届きました。

あいかわらず、社長が何か注文していたらしく

とりあえず受け取って、社長の机の上に置いておきます。

 

社長が帰ってきて、荷物をごそごそと開けています。

「おおーっ!!!」

大きな歓声が近所中にこだまします。

 

満面の笑みをした社長が何か持って事務所へ入ってきました。

 

!!!

 

そして、手渡されたのがコレ!

20151009_151159

一瞬、目を疑いました。

しかも、「100円な!」の謎の言葉。

何これ?と一瞬思ってしまったのですが、要はおむすびに使えとのこと。

 

“おむすびにゃん”

このキットを使えば誰でも簡単にネコむすびを作れると書いてあります。

ネコむすび?

需要があるのでしょうか?

ネコ?

あー、ヤマネコか!!

と気付くまで約30秒。

ヤマネコむすびを作って100円で販売したらどうかという社長の提案です。

シャレか本気かよくわからない状況。。

 

とりあえず、作ってみましょう!!

販売するかどうかはモノを見てみないとわかりません。

調理担当は本日内勤のガイド萩原。

どんな仕事でもキッチリこなすオールラウンダー

ネコむすびの調理にも期待が持てます!!

 

。。。調理開始から15分後。。。

 

まだ、できないみたいです。

細部にもこだわっているのでしょう。

 

。。。調理開始から30分後。。。

 

心配になって見に行くと。

!!!

20151009_151218

無事(?)完成していました!!

途中でノリが無くなったのか微妙なものもありますが、

紛れもない、ネコむすび!

お見事です!!

20151009_151235

しかも、カワイイ!

もうちょっと、ヤマネコっぽい柄にして

ヤマネコむすび!

そういうのもアリかと!!100円は高いけどね。。

20151009_154103

帰ってきたガイド廣瀬の反応もビックリしたような

いやされているような反応。

普段より口元がゆるんでいます。

 

ネコむすび。

今日はおむすびに癒された一日でした。

今日も、ごちそう様です!!!

 

ガイド飯田(写真/文)

 

今日のおむすび(10月7日)

20151007_164239

今日のおむすびは社長むすび。

ツアーから帰ると、なんとも言いがたい物体が皿に横たわっています。

 

それを、おむすびと認識するのに時間がかかりましたが、

実は、具材をふんだんに使ったおむすび!!

 

うちの母が送ってくれた新米を使い作られたおむすび。

昔から食べていたせいか、懐かしいような優しい味がします。

 

最近、飯田が疲れているせいもあり、

社長も気をつかってくれています。

仕事せずに、酒飲んで楽しめとか、おむすびの具材も気にかけてくれています。

その気遣いがありがたくもあり、申し訳なくもある。。

ただ、甘えれるところは、遠慮なく!!甘えさせていただきます!!

 

ということで、今日は、社長の気遣いの籠った社長にぎり。

大根の葉のふりかけにゆかり、具材は紅映の梅干し、

まわりにはとろろ昆布という豪華にぎり。

20151007_164318(1)

ここまできたら、もはやおむすびと呼ぶにはおこがましく、

白い宝石です!!

ガイド飯田の大好物が詰まったおむすびでした。

 

しかも狙ったように、ゆかりを使うとは!!

まさに奇跡のコラボレーションです(^-^)

(わかる人だけわかる話題でごめんなさいm(__)m)

20151007_164430

しかも、中身が紅映!!

僕の人生、市販品では一番美味しいと思った梅干しです!!

ばあちゃんが浸けてくれた梅干しが一番美味しいけどね。

まだ食べて無い方は是非!!

12067992_425575760973087_806871653_n

ガイド全員で美味しくいただいています。

 

ちょっとこっぱずかしいですが、

この場を借りて、普段あまり言えないことを書いてみます。

 

お母さん、新米送ってくれてありがとう!

こっちは、皆でありがたくいただいています。

物資があまり豊富ではない西表島で、美味しいお米をいただけて、嬉しいです!

美味しすぎて、お世話になってる人たちに、おすそ分けしちゃったりしたけど、

いつも気にかけてくれて、感謝しています。

美味しいもの送ってくれるのは、ありがたいけど、

身体には気をつけて元気でいてください!!

 

なんてことを書いてみたりするほど、

心に響く、美味しいおむすびでした。

 

今日も、ごちそう様でした!!

 

ガイド飯田(写真/文) featuring ガイド廣瀬(写真)

健からの贈り物

20150917_064957

沖縄から荷物が届きました!

しかも、冷蔵。

誰も、何も注文していないのに届いた荷物。。

 

不思議に思いながらも、中を空けてみると

 

沖縄そばセット!!

12047417_423772054486791_1258552837_n

以前、LBにインターンに来ていた

インターン生“健”からの贈り物でした!

お世話になった御礼とのこと、

ありがとう健!

 

健は生粋のうちなーんちゅ、

しかも、沖縄そば屋で働いているという

沖縄そばのスペシャリスト的存在!

そんな健からの、選りすぐりの沖縄そば!

ありがたくいただきます!!

 

でも、人から頂いたものって、もったいなくて

何か食べづらい。

ありがたくて、大事にとっておいてしまう。

そんな、リスのような習性を持ったLBガイド。

 

今回、意を決して作ってみました。

調理担当は、ガイド廣瀬。

いつになく真剣な表情で、そばと向き合います!

DSC_0085

普段、昼食に八重山そばを作っているガイド廣瀬

そばの調理は慣れたものですが、少し緊張気味。

心配そうに見守るガイドたち。。。

そんな視線も気にせず、調理は進みます。

DSC_0092

麺は、平、丸(太)、丸(細)がありましたが、

ケンカになるといけないという理由で、MIX!

ゆで時間は30秒ほど。

 

注意事項にも、

麺は『茹でる』という感覚ではなく『温める』です。

長時間温めても不味くなります。ご注意ください

との表記が!!

 

ここが、ラーメンの調理と大きく違う所。

最初は、麺茹でないの?

と思うのですが、沖縄のそばは茹でないのが普通。

ちょっとしたことですが、

味が大きく変わってしまします。

 

湯切りをした麺に

かまぼこ、ソーキ(豚のあばら肉)、三枚肉等をのせて、アツアツのお出汁を注ぎます!

12083976_423772031153460_364865423_n

完成!!

 

DSC_0125

麺の食感も楽しめ、美味しいおそばでした。

DSC_0135

お好みでコーレーグース(島とうがらしを泡盛につけた調味料)で風味づけ。

辛いものが苦手なガイド廣瀬も入れてしまうほど。

DSC_0129

普段は、八重山そばを作っているガイドたち。

沖縄そばも美味しいねと舌鼓。

健との想い出を語りあったり、ワイワイと楽しい食事でした。

楽しい時間をありがとう、健!!

また、時間を見つけて、西表島へおいで!!

 

ガイド飯田(写真/文)

肉料理!!

20150917_190026

LBカヤックでは、ガイドが全員交代でご飯を作ります。

社長含め、全員で食事をするため、基本的に内勤の人が料理当番になります。

この日は、連日の晴天続きで体力の落ちたガイドに

力をつけてもらおうと社長のはからいで、肉づくし!!

ニンニクもたっぷりまぶし、スタミナ料理!!

 

最近のLBの流行は“鉄板料理”!!

鉄の鉄板を使い、焼き物をするのが流行っています。

社長の「鉄板出せ!」の合図と共に鉄板が出てきます。

 

「アウトドアマンなら鉄板だろ?」と背中で語る社長。

美味さの追求、調理技術向上を目的としている、まかない調理。

お客さんに出しても恥ずかしくないものを作れ!と言っているようです。

社長の「鉄板出せ!」の一言には、そういう意味が含まれています。

たぶん、そういう意味が含まれているものだと思います。。たぶん。。。

 

鉄は、火の通りがよく、米はパラっと、

肉はジュワっと焼けます。

鉄分も補給でき、LBに来るまで貧血気味だった

ガイド廣瀬も貧血がなおったほどの効果!!

20150917_190444

この日は金原調理長の肉料理!!

鉄板と言えばこの人!

ガイド金原の右に出る者はいないと言わせるほどの猛者!!

肉の鬼です。

 

掃除、洗濯については妥協が多いですが、

肉に関しては、一切の妥協を許しません!!

真剣に肉と向き合い、語り合います!!

20150917_190512

肉と語り合い、焼き具合を入念に確認し、

20150917_190428

ひっくり返します!!

このスピード感!

肉は一瞬の油断が命取りと言わんばかりの手際です!!

20150917_191117

そして、どんどんひっくり返します!

いい色に焼けていく肉。

そして、ゲキが飛び交います!!

20150917_190601

「皿用意して!!!」

出ました、金原調理長の“皿用意して ”

ボケっと見ていたガイドが慌てて皿を用意します。

ここは戦場です。

ボヤボヤしていると怒られます。。

20150917_191857

仕上げに食べやすいサイズにカットし、お皿に盛り付けます。

肉を焼く時はワイルドなガイド金原ですが、

ここは、実に繊細。

食べる人の食べやすさにまで、配慮が及んでいます。

食べる人の気持ちを考えて作る。

そこにガイド金原の優しさが見え隠れします。

20150917_192033

きれいに盛り付けし、完成!!

スタミナたっぷり肉料理。

人に作ってもらう料理は、美味しいです。

そして、ありがたい。

また明日から仕事をがんばろう!!

という気持ちが湧いてくる料理でした。

 

ごちそうさまでした!!

 

ガイド飯田(写真/文)

今日のおむすび(9月17日)

12033849_420689364795060_1731924111_n

今日のおむすびは、ジューシーおむすび。

ジューシーとは?

沖縄風炊き込みごはんのこと。

石垣島に来て初めて入ったそば屋さんで、

沖縄そば定食を頼んだ時のことを思い出します。

 

そばが出てきて、「ご飯はジューシーでいい?」

と魔法のような、呪文のような言葉が。

意味はわからず、とっさに「はい。」と言って出てきたのが炊き込みご飯。

あまりの美味しさにジューシーのとりこになってしまい、

石垣島に行くたびに、ついつい寄ってしまいます。

ジューシーだけ売ってくれないかなと真剣に考えるほど美味しいです!

 

今日の、ジューシーおむすび。

実は、昨日の晩ご飯の残りです。

20150916_194052

コレ!

普通のジューシーよりも少し手を加えて、

もち米と炊いてみたり、蒸し器を使ってみたりと工夫しています。

昨日の時点ではクファジューシー(固いジューシー)

 

今日のおむすびは、もうひと手間くわえられており、

ヤファラージューシー(柔らかいジューシー)に!!

もち米のもっちり感が更に引き立ちます!!

ガイド金原がこっそり炊き直してくれたのでしょう(推測)

ありがとうガイド金原(仮)!

 

炊き込みご飯というと、鳥五目でしたが、

こちらでは豚肉!

油の旨味がでていて美味しいです!

沖縄に来たら、ジューシー!

ぜひ、おめしあがりください!!

 

今日も、ごちそう様でした!!

 

ガイド飯田(写真/文)

今日のおむすび?(9月15日)

20150915_153152

今日ツアーから帰ってくると、

いつもおむすびが置いてある所に、見なれないものが。。

20150915_152519

ハンバーガー!

ハンバーガーです!!

と、テンションが上がってしまったのですが、

実は、西表島では、ハンバーガーという舶来品は手に入りません。

というのも、売っていません。

 

フェリーで石垣島に渡らなくては、買えないハンバーガー。

今日は、社長が石垣出張、ガイド全員フィールド

だったため、おむすび要員がいなかったのです。

 

それを思った、社長の心意気。

普段食べれない御馳走を持って帰ってやろうと

出張中、わざわざ、寄ってくれました。

 

モスバーガー。

調べてみたら、創業者の櫻田 慧さんの言葉に

“人間って素晴らしい。生きてるって素晴らしいという
気持ちをお届けし続けることが私たちの大きな使命です。
ひとつひとつ丁寧に最高の商品を届けようという
気持ちを込めてお客さまに提供していこう。”

という言葉が。

LBガイドもそういう気持ちを届けれるようにとのこと。

 

今日は、おむすびではありませんが、

嬉しい差し入れ!

櫻田さんの言葉を胸に刻みながら、

ガイド全員、ありがたく頂きました。

今日も、ごちそう様でした!!

 

ガイド飯田(写真/文)

今日のおむすび(9月13日)

20150913_171254

今日のおむすび。

そういうタイトルでお送りしていますが、

最近、気付いたことが!!

 

この米料理の名前ですが、

おむすびと呼んでいたのは自分だけで、

みんな“おにぎり”と呼んでいるではないですか!!

 

調べてみると、

日本おにぎり協会という団体があり、

日本おにぎり協会さんによると、

「おにぎりとおむすびの呼び名の違いは諸説あります。

日本の大部分で「おにぎり」と呼ぶのに対して、

関東~東海道にかけては「おむすび」と呼ばれています。」

とのこと

 

調べてみると、社長、ガイド3名(金原、廣瀬、萩原)は関東、東海出身。

ガイド飯田は北陸出身。

??

説とは合わない??

 

よく読んでみると、続きがあり、

「しかし、東京都と神奈川県では「おにぎり」と呼ぶケースが多いです。」

とのこと。

それならだいたい合致するな。と思いつつ、

では、自分はなぜおむすびと呼んでいるのだろう?

という新たな疑問に。。

自分のことが一番わからない。

そんなラビリンスに迷い込んだ感覚。。

 

追記によると、

「また、「おにぎり」と呼ぶコンビニ(ローソンなど)もあれば、

セブンイレブンのように「おむすび」と呼ぶコンビニもあります。」

以前、よく行っていたコンビニはセブンイレブン。

ってことは、すりこみ?すりこみ学習?

 

おむすびコロリンがおにぎりコロリンでもおかしいし、

おむすび山が、おにぎり山でもおかしい。

おにぎりせんべいがおむすびせんべいでも違和感があるし、

おにぎり屋がおむすび屋でも違和感??

 

最後には、どちらでもいい気がしてきたが、

おむすびの方が語呂がよいきがするので、

おむすびと呼ぼうと思います。

 

本日のおむすびは、社長作のベーシックにぎり。

白飯に梅干し、黒ゴマがまぶしてあります。

注目すべきはその大きさ!!

20150913_171304

ガイド飯田の手のひらは約10cm。

計ってはいませんが、推定幅8cmのおむすびです!

20150913_171454

ガイド金原が、一生懸命仕事をしている前で、

ガイド廣瀬と自分がおむすびをほおばります。

若干、ムッとした顔をみせるガイド金原。

 

食べた後は、2人でしっかりカヤックを洗いました。

ガイド金原、食べてる時にカヤックを洗ってくれてて、ありがとう!!

そして、

今日も、ごちそう様でした!!

 

ガイド飯田(写真/文)