Archive for the ‘西表島 世界遺産’ Category

イリオモテヤマネコがいなくなる日

イリオモテヤマネコを絶滅させない!

西表島の特徴

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生物多様性の島

西表島は東洋のガラパゴスとも呼ばれる、生態系の多様性にあふれる島です。
島のいたるところに天然記念物が生活しています。
最も有名なのが、「イリオモテヤマネコ」

イリオモテヤマネコ

今から、51年前に発見された動物で、
20世紀に入ってから発見された中型以上の哺乳類はとても珍しいものでした。
去年、50周年記念として「ヤマネコの日」が竹富町で制定され、
51年目の今年、「イリオモテヤマネコ」の銅像が設置されました。

西表島のいきものたち

西表島はヤマネコだけではなく、カンムリワシ、セマルハコガメ、トカゲ、カニと
大小、多種多様な生き物が生活の場として生きている島。
動物だけでなく、植物、景色も素晴らしいです。

西表島の生態系

国内でも最大規模のマングローブ林、亜熱帯の森、世界有数のサンゴ礁が広がっています。
自然とヒトが共存する島。生態系と多様性が保たれている島。
それが西表島の美しい景色をつくり出しています。

西表島で増え続ける問題

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近年、西表島が注目されているのは嬉しいことですが、
島内での交通量も増え、動物達との交通事故が増えているのも現状です。

どうぶつたちの交通事故

道路を走行していても、トカゲ、カエル、ネズミ、ヘビ、鳥
と多くの生き物たちの亡骸を目にします。
突然飛び出してくる動物たちもいますが、多くは
車のスピードの出しすぎによって亡くなっているものと考えられています。

西表島の法定速度は最大40km

西表島の島内法定速度は最大時速40kmと決まっています。
私自身、速度を測ることはできませんが、
普段、車を運転していても明らかに40km以上出ている車を見かけます。
新聞には以前に比べるとスピードは落ちたみたいですが
速度オーバーで走る車が多いという記事も出ていました。

イリオモテヤマネコの交通事故

イリオモテヤマネコの交通事故も多発しており、
去年は公式に6頭死亡、原因不明が2頭の合わせて8頭が亡くなっています。
イリオモテヤマネコは100頭前後しかいない
と言われているので、たった1年で全体の8%にもあたる数が亡くなってしまっていることになります。

イリオモテヤマネコの事故件数は増加傾向

1978年以降、記録が残っている限りでは75件(うち72件で死亡確認)
の事故が起こっているようです。
イリオモテヤマネコ事故件数
38年で75件、直近6年間(2010年~2016年)で28件起こっています。
増加傾向にあることがわかります。

ロードキルは西表島だけの問題ではない

ロードキル=道路での死亡事故

野生動物が道路に出てきて、ひかれてしまう。
このことをロードキルといい、
西表島だけでなく一般的に社会的で問題になっていることです。

イリオモテヤマネコが減少する?

本州ではタヌキがひかれたり、沖縄本島ではヤンバルクイナがひかれたり
と車社会になった現代、人間だけでなく様々な動物が命を落としています。
西表島ではイリオモテヤマネコが交通事故に遭い死亡しています。
最近6年間は28件の事故が起き、加速していると考えられています。
イリオモテヤマネコが増えるのが早いか、事故死や自然死によって減少するのが早いか。
そのバランスが崩れた時、島の生態系が刷新される。
このままではいずれ、そういう変化が訪れると思います。

生態系が崩れる?

生態系や生物多様性の顕著な地域として
世界遺産登録した場合、その生態系が脅かされたり
多様性が失われることはあってはならないことです。
そのような危機に陥らないために
マネジメントしていく必要が出てきます。
イリオモテヤマネコの数の減少は
西表島生態系の崩壊に繋がりかねない一大事です。
ですから、西表島の生き物のロードキル。
この問題は避けては通れない問題になってきます。

車の影響を減らす

車による減少を最小限にするためには、
車を使わない。
それが一番だと思いますが、現代生活をする上で
この方法は難しいです。

ロードキルを減らす方法

やり方としては
1)車の量を規制する、道路に出てこないように工夫する(機会を減らす)
2)走行速度を落とす(重度を減らす)
3)緊急時の対応を迅速にする(生存率を高める)
といった手段としては考えられますが、大規模な規制などは難しいでしょう。

西表島から車が消える?

これから事故が減らないようですと、
法律的にできるかどうかわかりませんが、
西表島に入ってくる車には工夫をして、
アクセルをどれだけ踏んでも40km以上は出ない車だけ走らせる。
とか、西表島島内を循環するバスを走らせ一般車の数を減らす。
や、減速帯を島の道路全域に敷く。
道路にデコボコをつけ早く走れないようにする。
西表島の地下にトンネルを掘ってトンネル内だけ車を走らせるなど
費用対効果の伴わない巨額の費用をかけたり、
突飛な発想をしなくてはならない可能性も。。。
あり得ないとはおもいますが、極端な発想では、車禁止!となる可能性も。。。
そこには、自由が失われる可能性も秘めています。

ヤマネコの事故はどうして起こるの?

西表島ではネットを設置したり、制限速度を守るよう呼びかけを行ったり
道路の下に動物が通れるトンネルを設置したり、事故の多い所に減速帯を設置したりと
様々な工夫を行っていますが、死亡事故が起きているが現状です。

本当の原因は何?

原因も様々考えられていますが、推測でしか原因がわからず
本質的なものがわからないというのが現状です。
「ヤマネコの亡骸からの推測では走行速度が速い車に轢かれたのではないか」
という推測が出ています。
外傷だけでしたら、その推測が正しい確率が高いですが、
なぜ、事故が増え続けるのでしょうか。
別の原因がまだあるのではないかと考えたりもします。

私たちができること

自分も含めて、各々が希少な生き物が生活している島で運転している
という意識を持って運転することが大事になってきます。
車で轢かれているのなら、自分が自分の行動を管理すれば
事故は減るはずです。
自然淘汰ならいざしらず、
イリオモテヤマネコを人間の手で絶滅させてしまってはいけません。
イリオモテヤマネコを絶滅させないために
今、私たちができることは、自分の行動を管理すること。
簡単なことですが抑制しなければならないことも出てくると思います。
希少な生き物がいつでてきても大丈夫なように日頃から気を付ける。
自分なりのルールを作り守るのも一つの手かもしれません。

行政機関や専門家の方々にやってもらいたい事

ヤマネコの情報をもっと欲しいというのは島に住んでいると感じることです。
島のどの部分でいつ目撃されたという情報はあるのですが、
ヤマネコの寿命はどのくらいなの?とか、
道路に出てこないようにするにはどうしたらいいの?
時速40kmの速度を守れば、本当に死亡事故は無くなるの?
という基本的な情報は不足しています。
調べればわかるのかもしれませんが、調べないとわからない。
西表島島内で認知されていないです。
イリオモテヤマネコは発見されて50年程度ですから
詳しいことはわからないかもしれません。
しかし、遺伝子的にはベンガルヤマネコの亜種ではないかとわかっているので
ベンガルヤマネコの習性や嗜好性などに似ている可能性はあるのではないでしょうか。
ベンガルヤマネコの学名がつけられたのは1792年。
生態や習性の調査もされているはずです。
詳しく論文等を探したわけではないのでわかりませんが、
推定でもいいので、仮説、情報を投げかけてほしいです。

依存し過ぎない

現状では、車を使わない。ということはできないので
注意して行動するということを心がけたいです。
便利なもの、便利なことには依存してしまいますが、
必要以上に使わない。

大いなる力には、責任が伴う

この言葉を忘れずに車を運転していきたいです。 皆が意識的に行動していくことで、
人間の手による破壊は影響を少なくできると信じています。

 

ガイド飯田(写真/文)

主張発表で語るガイド廣瀬の熱い思い!

西表島の未来を創造する!

18618946_1009688919162036_50918600_o
平成29年度沖縄県商工会青年部連合会先島支部大会が開催され
LBカヤックのガイド廣瀬が主張発表を行ってきました。

商工会青年部主張発表大会

漢字だらけで堅苦しい感じは受けますが、
商売をやられている方々が業種を越えて集まり
地域の発展のために活動を行う団体、商工会。
その組織の中でも若い経営者で構成される青年部。

その青年会員たちが一同に会し
若き経営者の主張発表を行う!大会です。

先島支部

先島とは、沖縄の方以外ではあまり耳にしない言葉だと思います。
先島諸島を意味しており、琉球諸島のうち、宮古島より南西部の島々をまとめて先島と呼びます。
今回は、石垣市、竹富町の代表がそれぞれの主張を語ってくれました。

デイゴになろう!

前の発表者の方はパインで地域おこしをやられている方で
「現状に甘んじることなく1歩踏む出す。チャレンジ!」と熱く語っておられました。
ガイド廣瀬も少し緊張した面持ちで主張発表!
西表島でどういう仕事の仕方をするか、どうしたら島や社会に貢献できるか
など説き、地方創世には「若者、よそ者、バカ者」の力が必要だ!
元々は外来種だったデイゴも沖縄の県花になったように
よそ者の自分たちが目指すのは、デイゴのように咲き誇ることです!!
と熱がこもった演説でした。

自然への負荷を考え、人数制限を行う

LBカヤックでは2017年4月1日よりピナイサーラのコースの上限人数を
「ガイド1名につき7名」までから「ガイド1名につき6名まで」に変更致しました。
これも西表島の自然への影響を考えての行動です。
1名減らしただけでは、大きくは変わらないかもしれませんが
試してみよう!と皆の意見が一致したので行動しています。
それぞれが、自然への負荷をどう考えて、どのように行動をおこしていくか。
そのチャレンジが大事になってくるのではないでしょうか。

世界遺産登録と西表島

西表島が属する竹富町では、世界自然遺産登録への動きが活発となってきています。
新たな時代の波が押し寄せる西表島。
ユネスコへの推薦文の提出も済ませ、IUCNの視察を受け入れる段階です。
これから、規制やルール、モニタリングが重要になってくる今。
私たちに何ができるのか、どうしていきたいのか。
どのような西表島にしていきたいのか!
未来のビジョンをえがくのは、今です!!

西表島で始まる新しい時代の夜明け

時代の波を感じながら、
またひとつの新しいくぎりを迎えているのではないかと感じます。
私たちができること。
やらなければならないこと。
やりたいことは何なのか。
考え行動する。
青年の主張、ガイド廣瀬の熱意に動かされました。
 
 
ガイド飯田(写真/文)

世界遺産登録に向けてのルール作り

12660485_743888922408705_1113291102_n

「世界遺産と観光地域づくりフォーラム in 西表」が
西表島上原地域で開催されました。

 

観光カリスマの山田桂一郎さんを講師に迎え、
世界遺産登録と観光地域づくりをテーマに講演して頂きました。
環境資源の少なく、多様な民族が暮らすスイスで
地域づくりを手がけられている方です。

 

スイスでは意思決定に合意形成が必要なこと。
日本の観光協会と海外の観光協会の違いなど、
西表島の内部にいるだけでは得られない情報を講演して頂きました。
とても刺激となると共に、今後の西表島世界遺産登録に向けて
何をしていかなければならないか。
そのようなことを考えさせられる機会となりました。

 

弊社LBカヤックの社長も、西表島に30年ほど住んでおり、
竹富町観光協会の西表世界自然遺産研究委員会の委員長を務めたり、
西表島の世界遺産登録に向けて精力的に活動している一人です。

 

エコツーリズムという難解な活動を西表島に導入に伴い、
西表島エコツーリズム協会の創設、初代会長を務めるなどしてきました。
しかし、エコツーリズム協会発足時は、地域の人々に全く受け入れてもらえなかったようです。
自然、環境というが、環境を壊しているのは、ガイド業を営む人たちではないか、というご指摘をいただいたこともあります。
社長自身、島出身の人間ではなく、内地(東京)出身の人間という背景もあります。
西表島でエコツーリズムを理解してもらうには、地域と共に活動を行わなければならない。
地域の人達の一員にならせてもらうことからはじめなくてはならないなと強く感じたようです。

 

西表島エコツーリズム協会立ち上げ時は、西表島で個人観光は主要な産業ではなく、
観光業者数も少なかったようです。
共通ルールは無くても、業者数が少なかったためか、大きな環境破壊には繋がりませんでした。

 

23年前には数えるぐらいしかなかったカヌー業やガイド業をする人々の数も
現在では、カヌー・カヤック業者だけでも約80業者ぐらいになっているようです。
誰でもガイドになれる、ガイド業が開業できるというのが現状です。
昔は、業者数も少なかったので、自由に活動しても、緑の成長力、浄化力で自然自身が修復できていました。

 

地域活動を通して、西表島の地域の中に入らせてもらえた現在の立場に立ってみると、
昔、最もやり残して悔いていることは、西表島観光のルールを作ることだそうです。
23年前、これほど業者数が増えるとは、予想もできませんでした。

 

それぞれが気をつけて活動しているつもりでも、人が自然に入ることによって少しづつ環境は傷ついていきます。
昔より多くの人が入るようになっっている現在、未来は、その度合いも大きくなっていくはずです。
自然に入る機会が増えた今、いたずらに自然を破壊しないためにも、共通のルールは必要になってくると感じます。

 

具体的にあげると、自然の中でのトイレ問題。携帯トイレを持参し、自分の排泄物は自分で処理する仕組みづくり。
今より公共のトイレを増やす必要もあるかもしれません。トイレを増やせば、下水道の整備も欠かせません。
設備までいくと、地域住民だけでは作ることはできません。町や県、国の関係部署の支援も必要となってきます。

 

西表島の自然を守るためにしなければならないことは、これだけではなく、まだまだ山ほどあります。
その起こり得る問題のひとつひとつを、地域の人と行政と共に話し合い解決策を作っていく。
自然にも人にもやさしい西表島を実現させるために、自然を未来に残していくために。
ソフト面、ハード面の整備、それを運用するためのルール作りが必要になってきている。

 

弊社社長も、フォーラムの最後に、
持続可能な自然利用をするためには、システム。
仕組み作りが必要となってきます。
その仕組みの肝として、ルールの作成は必要不可欠なこと。
当時できなかったルール作りを、この機会に是非とも実現させたい。
実現させなければならない。
西表島の環境、自然、地域、人を、子や孫の代まで受け継がせていくために。
業者間だけではなく、西表島に住んでいる島民の皆さんと、ルールを作っていきたい。
という、想いを言葉にし、話をしていました。

 

西表島では、世界遺産登録に向けて急ピッチで整備が進められています。
2016年2月5日には環境省の発表で、3月下旬を目標に、
西表島全域を国立公園化するということも発表されました。
世界遺産登録を利用してこの機会にルールを作る。
もしかすると、最後の機会となるかもしれません。
そのように考えています。
だから、『覚悟』して、ルール作りを邁進していきます。

第21回「野生生物と社会」学会大会

O

 

去る11月21日から24日までの4日間において、

第21回「野生生物と社会」学会大会が

琉球大学(那覇市)にて開催されました。

 

11月後半の連休であったため、

会社としては正直書き入れ時であったわけでありますが、、、

 

「こんな機会は滅多にない!許す!行って来てよし!」

と、うちの社長さん。

 

この学会、もともとは

「野生生物保護学会」

という名称だったそうです。

 

学会での議論を重ねていくうえで、

人間と野生生物の関係が多様化し、

学会で議論する話題が

野生生物の保護だけでなく、

人と生物の間のさまざまな軋轢や

個体数のコントロール、外来種の問題など

広範囲にわたるようになったため、

「野生生物と社会」に名称変更されたそうです。

 

さて、

今回の「野生生物と社会」学会大会の副題は、

~南の島で生物文化多様性を考える~

でありました。

 

数々のテーマセッションの中から、例えば、

 

絶滅危惧種である

・西表島に生息するイリオモテヤマネコ

・沖縄本島北部「やんばるの森」に生息するヤンバルクイナ

・奄美大島・徳之島に生息するアマミノクロウサギ

 

(ご参考までの地図)

DSC_2331

 

のロードキル問題。

 

希少な野生動物が交通事故によって

命を落としている問題です。

 

現状の主な事故防止策としては、以下4つが挙げられます。

 

・目撃情報が多いところに移動式看板(注意喚起)の設置

 

・側溝改良

※小動物が車道に出てこないようにU字型にしたり、
片側に勾配をつけたりしている

 

・アンダーパス(地下トンネル)の設置

※動物が道路を渡らずに反対側へいけるように

 

・歩道の除草作業
※運転手の見通しがよくなるように

 

また、
2005年に世界自然遺産に登録された知床(北海道)における

・知床における人間とヒグマとの関わり方

・知床五湖の利用の在り方

 

などに参加しました。

 

(もっといろいろなセッションに参加したかったのですが、
時間的に回りきれませんでした)

 

そして、
22日に行われた公開シンポジウムは、

『地域主体による野生生物の保全と持続的利用の主流化に向けて
-奄美・沖縄の生物文化多様性に根差した基盤づくりを考える-』

というテーマで行われ、

奄美大島
沖縄本島(やんばる)
西表島

の各島から参加されたパネリストによる

ディスカッションも行われました。

DSC_2339

 

内容は長くなるので割愛させていただきますが、

 

「野生生物と社会」における

これらの問題を解決するには

本来のあるべき環境に戻すこと。

それが何よりでしょう。

 

しかし、西表島であれ、他の島・地域であれ、

解決の中心となるのはヒト、つまり人間であり、

絶滅危惧種の天然記念物が中心になることは

ありえない、と私は思います。

 

これから先10年、20年、30年・・・後を見据え、

環境省や学者などの研究者を始め、多くの人々が

野生生物・環境の保全、地域遺産・文化の継承など

について活発に議論されていることは

とても大切なことですし、有難いことでもあります。

 

ただ、やはり一番に先にくるべきは、

その島・地域に住む人間が

これからの島社会・地域社会の未来に対して

 

「どういう絵を描くか。描きたいのか」

 

ということだと思います。

 

それには、大なり小なり「地域」という単位での

活動が何よりも大切。そこが起点になるべきです。

 

私達LBカヤックのガイドは一年を通じて

西表島に住んでいます。

 

ここから培われる経験、島の人達の繋がりを活かし、

西表島の自然・生物に関するガイドに留まらず、

この非常に難解な問題を解決に導けていけたら

これ以上ない喜びです。

 

ガイド萩原、廣瀬(写真/文)

奄美・琉球世界遺産検定!

1_DSC_0035

9月5日、絶好のツアー日和の中、
私達ガイド4名は

「奄美・琉球世界遺産検定」

を受験してきました。

2_11259870_1487822464851391_1095046328_o

私は大学受験で結構苦労したので(というか親が苦労した)、
「受験」「試験」という類の言葉は大嫌いなのであります。

 

しかしながら、

近い将来、この西表島が「奄美・琉球」という括りの中で
世界遺産(自然遺産)に登録されるかもしれないと考えると、
西表島というフィールドで生活し、しかもツアーガイドとして
収入を得ている身としては、
受験するのが筋であろうと思うのであります。

 

しかしながら(2回目)、

夏の繁忙期シーズンが日々続く中、
勉強する時間というか体力はほとんどありません。

そのため、コツコツタイプのガイド飯田を除いては
ほとんどノーベン(No勉)に近い状況で試験に臨む形となりました。
(時間を無駄なく有効に使う飯田の凄さが改めてわかったような気がします)

 

ただ、この日の検定に先立ち、
9月1日に事前講習会が開かれていました。
もちろんガイド4名は全員参加。

O

講習会の講師は、現在「NPO法人沖縄エコツーリズム推進協議会」の会長を
務めていらっしゃる花井正光先生。
LBカヤックが何かとお世話になっている先生です。
いつもありがとうございます。

 

そして検定試験当日。
午前中は勉強の時間。

 

全員勉強に集中。
O

廣瀬
O
前日の夕食作りの際もがんばっていました。(ビールを片手に)
5_11996931_416957568501573_1825500510_n (1)

 

飯田
O
集中の鬼です。(ちょっかいはかけられません)

 

金原
O
注意力散漫です!(なのでちょっかい出しました)
ちなみにこの日は世界遺産検定だけでなく、
沖縄歴史検定も行われました。

私は全く自信がなかったのでこの試験はパス。
金原と飯田のみ受験しました。

 

金原と飯田が沖縄歴史検定を受けている間に
世界遺産検定の勉強をしようと思いましたが、
ちょっとしたトラブル発生。
廣瀬と萩原、ほとんど勉強できず・・・
※後に出てくる写真で肉・野菜を焼いている人、ちゃんと反省して!

 

そんなこんなで試験会場(わいわいホール)に着くと
沖縄歴史検定を終えた金原と飯田。
手ごたえは・・・
どうやらかなり難しかった模様。
お疲れ様でございます。

 

廣瀬、萩原はというと、

O

受付を済ませ、束の間の追い込み勉強。
4_11982383_1487822454851392_1862850518_o

 

そして試験終了。

 

各々が持てる力を発揮したので、あとの結果は神のみぞ知る。

です。

 

ちなみに、後から聞いた話ですが、
どうやら大原の方からも検定試験を受けていた方がいらしたそうです。

 

炎天下の中、わいわいホールから歩いて上原港に向って歩いている
ところをうちの社長が見かけたと言っていました。

 

今回の検定受験者は少なかったですが、車という足がない中で、
わざわざ大原から受験しに来られていた方がいたということ、
運営側の人間からしたらとっても嬉しいことですね。
そしてこの西表島に愛と誇りを持っている方なんですね。きっと。

 

試験終了後は、
社長の計らいで肉を焼くことに。
女性よりも肉を愛するガイド4名。(たぶん)
ありがとうございます。

6_DSC_0004 9_DSC_0024

7_11995533_416957551834908_465740366_n 8_11992490_416957565168240_1107187678_n

 

そして何より、
この検定試験を受けさせてくれたことに
社長に感謝せねばなりません。

 

身内を褒めるのはあまり好きではないし、
いいことだとも思いませんが、
「何が大事か」ということを考えさせられた気がするからです。

 

自分の頭で考え、行動すること。

福澤諭吉さんもそうおっしゃっていました。

 

そんなきっかけを作ってくれるこの会社に
感謝と誇りを持つとともに、
自分達若い世代、かつ移住してきた人間達が
この島で貢献できること、
よく考えていきたいと思います。

 

ガイド萩原(写真/文)