Archive for 12月, 2010

ありがとうございました!

こんばんは!
Decchi kn& msです。

皆さんのところも寒いと思いますが・・・

西表島も北風が強く吹きぬけ、体感温度は
とても寒い1日となりました。

今年1年間、大きな事故や怪我もなく、
2010年、最後のツアーも無事に
終了いたしました。

ツアー時の皆さんの言葉や笑顔、
そしてmixiでのみなさまの暖かいコメントやメッセージに
励まされ、この1年間、頑張る事が出来ました。

本当にありがとうございました。

来年度も安全第一で、西表島の自然を目一杯に
楽しんで頂くツアーを行っていきます!
現状に満足せず、地に足をつけてkn &msは
精進していきたいと思っています。

2011年度もよろしくお願い致します。

それでは良いお年をお過ごし下さい。

(※msが今年、西表島で見た一番綺麗だと感じた12/28の夕日)

Decchi kn & ms

今年もあと2日

こんばんは。
Decchi msです。

昼頃から北風が強く吹いている西表島。
寒気の影響で全国的に荒れ模様と
なりそうな年末年始。
非常に強い風が吹くところもありますので、
外に出るときは十分に気をつけてくださいね。

気象庁から本日(30日)16時に最新の情報が出ています↓↓
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/000_00_662_20101230163220.html

今日は5歳の男の子をカヤックの前に乗せて出発!

明日のツアーはKnさんが引率なので、今日で自分は
カヤック納め。

この5歳の男の子が、自分にとって今年最後の一緒に
カヤックを漕いだお客さんとなった。

今年、1年たくさんの方達と西表島の海・川を漕ぎ、
西表島の自然の中で遊び、自分自身もとても楽しませて頂いた。
そしてさまざまな面でとても勉強させてもらった1年だった。

島のこと、自然のこと、カヤックのこと・・・
まだまだ学ぶべきことは、たくさんあるが
また、新たな気持ちで新年からカヤックを
漕ぎたいと思う。

来年は、どのような方達とカヤックを
漕ぎ、西表島の自然を楽しめるだろうか。

゛ワクワク゛ の心を大事に
西表島の自然で遊び、
ひとりでも多くの人を
゛ワクワク゛させられるように
追求したい。

Decchi ms

星の砂、太陽の砂

■Decchi Knです。

この数日は絶好のツアー日和となる。

天気が良いので星砂の浜を散策していると、
久しぶりに星砂探しに夢中になった。

小学生の子供と一緒になって、
星砂探しに没頭。白熱した闘いとなる。

隠し玉、「太陽の砂」をだし、勝利!

いやいや大人げない...と思いつつ、
しかし真剣勝負に手は抜けない。

北風が心地よく吹く小春日和の午後、
のんびり砂浜を散策なんて、
冬の晴れた日にしかできない。

私自身も西表島に来たのはこの季節、
暖かな小春日和の日は海岸を歩いて
貝を拾い集めた。

初心を思い出させるような、ひと時。
新年を迎える心の準備ができた。

■Decchi Kn

朝7時、空が綺麗な日

こんばんは。
Decchi msです。

ついに今朝、LB事務所の
外の気温計が10℃をさす。

今朝は、寒くて布団からなかなか
出る事ができず、目を覚ましてから
10分くらいでぬくぬくと起きる。

いつもの重ね着に、さらに
上からフリースを着て出勤。

ツアーのある日は朝7時が出勤時間。

今の時期は、朝の7時でも外はまだ暗い。

宿舎を出て住吉地区の丘の上を車で走ると、
パイン畑の向こうには、ちょうどこれから
陽が昇る前の朝焼けの景色が広がる。

車のスピードを少し、落としながら
朝焼けを見る。
そして海の様子、空と雲の様子を
チェックする。

晴れていれば、朝焼けの明るさはあるが、
曇っていると真っ暗だ。

今日は、特に空気が澄んで空がとても綺麗だった。
海も。

そして夕日も。

やっと、月が浜で水平線に沈む夕陽を
見ることができた。

1日の空の移り変わり。
この時にしかない一瞬の景色。

完全にその瞬間、心を奪われている。

Decchi ms

自己管理

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、気温は
低めで肌寒さはあったが、
青空が広がり、気持ちの良い
気候となった。
昨日までの風と波がおさまり、
穏やかな1日となる。

昨日、一昨日と風邪をこじらせて、
体調を崩してしまい、結果、LBの皆に
迷惑をかける事となった。

この1年、ここまで大きく体調を
崩す事はなかったが、最後の
最後に風邪をひいてしまい、日頃の
ケアの大切さを改めて気づかされた。

12月の寒暖の差に対しての自己管理。

やはり、やるべき事、出来ることから
やらなければいけないと実感。
自分の身体は、自分で守らないと。

来年は、健康第一で!
風邪なんかひかないぞっ!

ちなみに今日は復活して
ツアーに出ています。

Decchi ms

寒波到来!

■Decchi Knです。

南の島にも寒波到来、

午後19時、気温は13℃。
部屋の中で、防寒着に身をくるみ
普段はかない靴下も。

冷たい北風が強く吹き続けて、
朝よりも夜の冷え込みが厳しい。

LBは全員で風邪対策中。
帰ったらうがい、マスク着用。

大雪が降るでもなし、
水が凍るわけでもないが、
寒波到来に日本各地、
ここ西表島でも寒さに震えている。

■Decchi Kn

2011年もあと、5日。
皆さまも残りわずかな期間、
風邪なんかに負けないように
元気に過ごしましょう!

冬のジャングル

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は快晴!
日中は雲もあまり見られず、
青い空が広がる1日。

この時期でも、陽射しが出ると
日焼けをする。

この時期でも日焼け止めは必要だ。

もちろん、夏の焦げるような陽射しとは、
ちょっと違う。

今日もその感覚の違いをジャングルの中で
感じた。

真夏のジャングルと、冬のジャングルでは
光によって受けるジャングルの雰囲気が変わる。

真夏のジャングルは強い陽射しを受けた緑の葉が
色濃く、緑の光の屋根で目の前が覆われたようになる。
それもすごく綺麗な光景だ。

今の時期のジャングル。
陽射しが入ると、どこか朝陽が射し込んだような雰囲気になる。
ジャングルの中に入った陽射しはさまざまなものに反射し、
「眩(まばゆ)い光」となる。

眩い光。

本当にこの言葉が、陽射しが入った冬のジャングルにはぴったりだ。

どこか神秘的な雰囲気さえ感じる。

真夏とは、違う冬のジャングル。

この冬のジャングルの楽しみ方が、
またひとつ増えました。

Decchi ms

ダッチオーブン

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、陽射しが
出て、日中は半袖でも大丈夫
なくらいに暖かい気候。

今日は、道具の整理をしながら
清掃中に昔のキャンプツアー等で
使用していたダッチオーブンの場所に
手をつけた。

綺麗にする為にダッチオーブンを
棚から移動。

いつもしまってある場所から出してある
ダッチオーブンを見て、LB代表が

「今日はダッチオーブンで料理を作るか!」

その一言で今晩は、LBでダッチオーブン料理となった。

ダッチオーブン料理。
正直、人がやってるのは見たことはあったが、
自分で扱うのは初めてだ。

代表にさまざまな指示をもらいながら
作ってみる。

お米、ジャガイモ、にんじん、タマネギ、とうもろこし、
大根、しめじ、ホールトマト、骨付きチキン、ブイヨン、
塩コショウ、とろけるチーズ。

お米を炒めてから、ホールトマトや野菜を入れて
チーズを乗せて蓋をする。至ってシンプル。

本来は炭などで蓋の上なども覆って熱するのだが、
今日は自宅なのでコンロの火力のみ。

50分後。

完成。

「昔はキャンプツアーで、外でこんな事をしてたんだよなぁ」と
LB代表が一言。

西表島の自然の中でダッチオーブン。

・・・最高の贅沢だ。

いつか、やってみたい。そしてマイダッチオーブンが
ほしいと思った。

明日はクリスマスイブ。
今晩は、ちょっとしたきっかけから1日早い
クリスマスの夕食となった。

Decchi ms

西表島の夕日

■こんばんは、Decchi Knです。

残すところあと9日、
カウントダウンの始まり。

■1日の終わり、日が暮れる。
久しぶりに宿舎のベランダから見た。

小高い丘の眼下に広がる牧草地、
岬につづく集落がオレンジ色に染まる。

ここから見る景色が美しい、
西表島に暮らしていると、実感。

冬の冷たい空気が
沈みゆく太陽を白く霞ませる。

徐々に地面に近づくと、
「消えてなるものか!」と赤く染まる。

明日の天気予報はくもり。
次はいつ夕日を見られるかと考えたら、
「ありがとう」って思った。

■Decchi Kn

海を泳ぐ

こんばんは。
ここ2日間、深夜の海に
遊びに行っているDecchi msです。

今日の西表島。
午前中までは陽射しが出て、
暑くなったものの、午後からは
前線の通過に伴い、時より激しい
雨が降り、涼しくなってきている。

12月は、天候によって気温差が
激しい。
15℃を下回り、北風が吹く寒い日も
あれば、青空が広がり、強い陽射しで
25℃の夏日もあった。

着る服も、夏服だったり、冬服だったりと
その日の気候によって変わる。

一昨日、
ツアーで星砂海岸の海を泳ぐ。

どうしても泳ぎたい!シュノーケルをしたい!
というお客さん。
じゃぁ、気合を入れて遊びましょうっ!と、
お客さん達と海へ。

この日は快晴で強い陽射し、風も穏やか。
気合を入れて海に入る必要もなく、
暖い気候のおかげで、ブルブルと震える
こともなく、最後までみんなで楽しくシュノーケル。
まったく問題なしだった。

さすがに、この時期だと、星砂海岸でシュノーケルをして
いる人もまったくいないので、LBで貸切状態。

冬でもクマノミ達はイソギンチャクの中で
元気なのも確認できた。

12月の海に入る。
天候によっては、いつでも入れることではないが、
ウェットスーツを着ないで
12月に日本の海で泳げる喜びを
改めて感じた1日だった。

Decchi ms