Archive for 9月, 2011

船浮集落

こんばんは。
Decchi Snです。

今日も日差しが強く、青空が広がった西表島。
ここ数日は天気に恵まれている。

今日は西表島でまだ行った事のない集落、「船浮集落」へ。

その名の通り、船でしか行くことができない集落。
陸地では繋がっているが、道がなく通ることができない。

よって定期船等を利用しての往来が基本となる。

この集落には40名ほどの人が暮らしているが、
島の人に出会うことはほとんどなかった。

集落の裏側には「イダの浜」.

どこを見ても今まで自分が見たことのない景色が広がる。    

様々な花が咲き、何回でも同じ道を歩けた。
自分にとって、感じた事のない心地良さ。

何もないところかもしれないけれど、
機会があれば是非皆さんにも行ってほしい。

ゆっくりと流れていく時間を過ごして、
直接この空気に触れて、感じて欲しい。

 Decchi Sn

ちょい足し

こんばんは。
Decchi msです。

今日も陽射しが強かった西表島。

7月頃から頻繁に食べ物や水、
泡盛、さしみ醤油にあるモノを
ちょい足しをして美味しく食べたり
飲んだりしている。

LBの食卓では、かなりの確率で
利用中。

沖縄では当たり前のように使われている。

あるモノとは、シークヮーサー。

今では、無いとちょっと物足りなさを感じてしまう程だ。

今晩の食事では、ほっけ、冷ややっこ、刺身の醤油の中へ
果汁を搾った。

酸味がほど良く、さまざまな料理に本当によく合う。

でも一番は、氷水で割った泡盛にシークヮーサーを少し搾る。

この美味しさを知ってしまったら、なかなかやめられない。

Decchi ms

※ウィキペディアより
沖縄方言で「シー」は「酸」(あるいは「酢」)、「クヮーサー」は「食わせるもの」
(あるいは「加える」)を表し、「シークヮーサー」という名称は「酸を食わせる
もの」(「酢を加える」)を表す。これは、芭蕉布を織り上げた際に、そのまま
では固い布をシークヮーサーの果汁で洗浄し、柔らかくしたことに由来する。

動じないカモ

こんばんは。
Decchi Snです。

今日の西表の天気は朝から様々な変化を見せ、晴れ間が
見えたり、雨が降ったり、曇ったり。
いろんな天気を一気に味わい、贅沢な気分。

しかし、こちらは変わらずにどこか一点を見つめる
一羽のカモ。
その立姿は可愛くもあり、たくましくもあるような。

人が近づいてきても、全く気にする様子も見られない。

自分はこの姿に哀愁が漂っているように見え、

心の安らぎを感じた。

自分もよく遠くを眺め、頭の中を真っ白にする。

何が良いという訳ではないが、どこか清々しい

気持ちになれる。

このカモが何を見ていたのかは分からないが

自分と同じようなことをしているんじゃないかと

僕は勝手に思った。

皆さんにはこの姿がどう映ったでしょうか。

久しぶりのレインボー

こんばんは。
Decchi msです。

今日も西表島は、強い陽射し。
海の上だと照り返しがさらに強く感じる陽気。

西表島にある各小学校では、運動会の練習が
行われているようだ。

運動会で使うであろうアップテンポの音楽が小学校の
近くでは、響き渡っている。マツケンサンバ、ゴリエの
音楽・・・  どんなことをするのか、とても興味深い。

今日の西表島の空は、久しぶりに真夏ような濃い青い
空色をしていた。

今年は、あと何回、濃い青の空色を見れるだろうか。

もうひとつ久しぶりに見えたモノ。

虹。

今年は去年に比べると虹を見れる事が少ない気がする。
たまたま、自分が見れていないだけなのかもしれないが、
昨年はかなりの確率で見れていたと思う。

雨と陽射しの角度。自分がいる位置。

全てがうまく重なると見る事ができる虹。

自分で見ようとしてコントロール出来ないもの
だからこそ、見ることができた時の喜びは大きい。

いくつもの偶然が重なり、現れる自然現象。
今年はあと何度、遭遇できるだろうか。

Decchi ms

夕凪

■Decchi Knです。

夏も終わりに近づいている最後の連休、
ようやく、ようやく天気が回復した。

キレイな夕日は、この夏を乗り切った自分へのご褒美。

夕日が沈むまでのたった5分間。

繰り返す波と砂の音...
ちょっとした現実逃避...
リセット完了、
またここから始まる。
いつまでもこんな時間を過ごせる
西表島であってもらいたい。
■Decchi Kn

強い日差しの1日

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、強い日差しが
射し込む陽気。
まだまだジリジリと南国特有の
強い日差しが射し込んでいる。

久しぶりに雲が少ない青空。

こんな日は沢からの景色もとても綺麗に映る。

強い日差しが入った時のこの場所からの景色。
自分の中ではかなりお気に入りだ。

この沢を渡る時は、岩場が滑るので、皆、足下を
気にしながら歩いている。しかし、途中の安全な
ところでこの景色を見てもらう為に足を止めて
目線を上げてもらう。

ただ、その空間に何か特別なモノがあるわけでもない。

しかし、この空間の様子が人工物のない自然の
西表島の雰囲気だと思う。

夕方には、空高くにうろこ雲。
真夏には見られなかった雲の様子。

空の雲の変化も、季節の移り変りを教えてくれている。

Decchi ms

初めてのサンゴ

こんばんは。
Decchi Snです。

ガイド研修として西表島に来てからもうすぐ2週間。

西表島の自然は日々姿を変えて、僕たちを迎えてくれる。

ここ数日は気温が上がらず、晴れ間の覗かない日が
続いていたが、今日は久々に晴れのお天気となった。

西表のサンゴを今日初めて見た。天気にも恵まれ
日光が差し込み、サンゴの美しさをより際立てる。

こんな海を見て、ここにゴミを捨てようと思う人はほ
とんどいないと思う。逆に何かゴミがあれば、それを
持って帰りたくなるような気持ちにさせてくれる。

環境は人の行動に大きな影響を与えると思う。
自然環境もその一つ。

無茶な話ではありますが、世界中に西表のような自
然が広がれば人々の心も変わってくるのかなと、サ
ンゴを眺めながらふと思った。

Decchi Sn

秋の天候

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、北風が吹く
穏やかなくもり空の1日。

上原港も昨日から通常通り運行中。

今日の西表島の気温は25℃前後。
涼しさを感じる。

泳ぐには少し肌寒さを感じるが、
そんな事は関係ないくらい今日の

ツアー参加者の方々は元気に泳いでいた。
何だかすっかりと秋の陽気となっているが、
それでも少し陽射しが出ると肌が焼けるのを
感じる。

涼しくなった夕暮れ時。

仕入れに出かけようとすると車の前に何やら動く小さな影。

  
車を止めて、近づいてみると、首を長くしてこちらを見つめるイシガメ。

不思議そうにこちらを見ている。

セマルハコガメはよく遭遇していたが、イシガメは久しぶりの遭遇。
ちなみに下の写真が先日遭遇したセマルハコガメ。背中が大きく丸いのが特徴。

危ないので、端に寄せてあげようと甲羅をつかもうと

すると、亀とは思えない急ぎ足で自分で歩きはじめたイシガメ。

遅く歩くと思っていると想像以上にスピードで歩く亀。

何だか、西表島に来てから亀がけっこう好きに

なっている自分がいる。
Decchi ms

初めまして。

■こんばんわ、皆さん初めまして。
この9月からガイド研修に西表島へやってきました、
Decchi Snと申します。
ガイドとして、また島の住民として自分ができる事を
精一杯やっていきたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

サガリバナ

■Decchi Knです。

日本中に大きな被害をもたらした台風15号、
ひと足先に台風から逃れた八重山では、
不安定な天候が続いている。

Knの地元神奈川県の西部地区も10万人以上の
避難勧告。

実情が見えない分、不安にもなるが、
しっかりと家族とも連絡が取れてひと安心。

台風が過ぎた方もこれから通過する地方の皆さまも
ただただご無事をお祈り申し上げます。

台風通過後、おかしいのは天気だけではない。
サガリバナがまだ咲いている。

風を逃れたつぼみが膨らみ、
数は少ないがしばらくは開花が見られそうだ。

明日からは風が穏やかになる。
夏が最後の力を振り絞って
秋に負けないようにしている。

■Decchi Kn