Archive for 11月, 2012

越冬蝶

Decchi Kn

この程度で、「寒い」
と言ってはいけない。

が、雨に濡れた身体が、
冷たい北風に吹かれれば、
やっぱり寒さを感じる。

西表島はちょうど
気温が下がり始める頃。

生き物の活動がストップする
気温の18℃前後(最低気温)

ジャングルの中では、
アサギマダラの集団越冬が
見られるようになった。

蝶も寒ければ身を寄せ合う。
厳しい季節を助け合い生きるのは、
人も蝶も同じだってことか。

Decchi Kn

ミサゴ

Decchi Kn

冬の気配を感じる頃、
北風で遊ぶ、大きな翼。
ミサゴの飛来を確認。
本来、西表島にはいない
(であろう)
夏は涼しい北の大地に、
冬は暖かな南の島。
なんと羨ましい、
定説だろうか。
渡りは、空を飛べるものだけの特権。
干潟の上空で旋廻し、
獲物を探す。
狙いをつけて
一気に水に飛び込む。
魚を捕まえて
飛び立つ姿の猛々しいこと。
「魚鷹」
この季節だけの旅鳥。
Decchi Kn

暖かい西日でカヤック

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、快晴の西表島。
気持ちの良い秋晴れの天気。

ただ、南風が強く、ツアー時の行きの
カヤックは、ちょっと大変。皆さん頑張ってくれた。

今の季節、晴れると陽射しと青空が心地良い
西表島。

真夏の厳しく強い陽射しとは異なり、陽射しにどこか
暖かさを感じる

日が長い時は、20時ころまで明るかった西表島も
最近は18時頃には、暗くなっている。

ツアーが終わる16時頃もだいぶ日が傾き、帰着時は
西日を受けながらのカヤックとなる。

なんだか、この時期の西日の中でのカヤックは、
心地良さを感じる。

涼しい風の中、暖かさを感じる陽射し。
ひと際、眩しさも増す。

夏には感じられない自然の様子、雰囲気、匂い、空気、静けさ。

秋の天気の良い西表島の景色でゆっくりと漕ぐのが
最高の季節。

1日のツアーを体験した人だけが味わえる
秋の西日を受けながらのカヤック。

静かな澄んだ、秋空の日が多くなることを願う。

Decchi ms

まだサガリバナ?

Decchi Kn

北風が冷たい11月の末。
この連休を無事に過ごせば、
1年の終わりも見えてくる。

内地では紅葉、西表では新緑。
深まる秋の美しい自然。

しかし、ジャングルの奥を
よく見るとサガリバナ。

夏のいちばん暑い時期の花。
よく見れば、まだ蕾もある。

夏と違うのは、虫がいないので
花が水面に落ちない。

暑いのか、寒いのか。
季節感がわからなくなる季節。

夏と冬が混在している。

Decchi Kn

よんなーよんなー

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、北寄りの
風に変わり、夕方前くらいから
風が強くなりはじめた。

よんなーよんなー

と、車体の後部に書かれた言葉。

はじめは??と、はてなマークだった。

よんなーよんなーとは、どういう事だ?と
島に来てすぐのときに聞いたことがある。

「ゆっくり、ゆっくり~」とか
「のんびり、のんびり~」と、いう意味に使うらしい。

なんだか、八重山らしい沖縄らしい言葉だ。

どうしても車が少なく一本道なので、正直、時間に
追われているとスピードを出してしまうこともある。

車が少ないからこそスピードの出し過ぎに気を付
けなければ。

先月末にも、古見地域でイリオモテヤマネコの
幼獣が引かれて亡くなったとのこと。
とても残念なニューズだ。

改めて気を引き締めて運転しよう。

Decchi ms

西表ヤマネコクラブ

Decchi Kn

西表島には「西表ヤマネコクラブ」
と言うエコクラブが存在している。

地元小中学生が、集まり、
ecoについて考え、学習する。

主な活動は、西表島の
水質調査やキャンプなどの自然体験、
そして、ホタルの観察。

LBカヤックとしては、
ずっとサポーターとして
このエコクラブに関わり、
knも7回目のホタル観察会を
12月にサポーターとして
参加する予定。

エコクラブ設立15周年を迎え、
記念誌と記念品がLBに贈られた。

それが「ecoカルタ」

私たちは、このエコクラブを通じて、
地元の小中学生と関わっている。

継続は力なり!
15周年のデータは、
これからの西表島にとって、
どれほど有益な情報になるだろうか。

子供の発想は素晴らしく、

時には、ともに学び、
教わることもある。

このホタルの観察しか、
すぐに一緒にできることは
ないかも知れないが、

これからもがんばろう!

Decchi Kn

ホタルの季節

こんばんは。
Decchi msです。

今日の西表島は、くもり空で
時より小雨が降る天気。

青空も見えることもありましたが、
雲が多い天候となった。

今日は、カヤックの補修。
夏を乗り越えたカヤック達を少し
づつ補修している。

今日は、カヤックのメンテナンスを
したり、事務作業をしたり1日事務所
まわりで過ごす。

夕方、日が暮れ、空が薄暗い頃、
事務所を出るとふわふわと浮かぶ
黄色い小さな光。

オオシママドボタルだ。

ふわふわと飛び網戸に止まった。

日本でもっとも大きなホタル。

水辺ではなく陸で生息するホタル。

電気を暗くしてみると・・・

ゆっくりと長い点滅で強い光を放つ。

またすぐに飛んで行ってしまったが、
真っ暗闇にふわふわとホタルが飛ぶ様子は
何度見ても幻想的。

西表島では、これから来年の春にかけて
ホタルのシーズンがはじまる。

11月~12月オオシママドボタル、1月~2月イリオモテボタル、
2月~5月ヤエヤマボタル・・・

そろそろ天気と気候を見ながら、
【2013西表島ホタル観察記】もスタートします。
お楽しみに!

Decchi ms

※昨年までのホタル観察記の様子はこちらから
→ 西表島ホタル観察記

ジャングル探検隊!

Decchi Kn
ジャングルを探検する。
誰もが子供の頃に
憧れたのではないだろうか。
男とは妄想する生き物。
木は怪物に見え、
目的地には宝物がある。
私も同じように、
未知との遭遇に期待し、
心躍らせていた。
拾った枝を振り回し、
草をかき分けて森を歩く。
迷ったこともある。
それがいまや…
ジャングルの案内が仕事だなんて
誰が想像できただろうか。

久しぶりの親子ツアー。

お子さんの行動を見ていると、
自分もだったか…と懐かしむ。

めいっぱい遊んで、寝て、
西表島の自然で育む、豊かな心。

きっといい子に育つだろうな。

Decchi Kn

第32回上原地区青年会芸能発表会

こんばんは!
Decchi msです。

今日の西表島はくもり空。
涼しい風が吹き、日中の最高気温は22℃。

島で夏を数回越えると、これくらいの気温でも
かなり肌寒さを感じる気候となる。

陽射しが出れば、日中は半袖でもOKだが、
曇り空だと長袖や上着が必要な季節。

昨日、Decchi Kn と Msは、所属する上原青年会の
芸能発表会へ。

Knは、エイサーを踊り、自分は棒術の演目を行った。

やはり観客を前にしての舞台は、緊張する。

はじまる前の緊張感は、小学校の演劇の時と
変わらずソワソワするものだ。

失敗しないように精一杯やろうという気持ちが
皆をそうさせるのだろう。

出演前の舞台裏は、独特の雰囲気。

ガイドKnのエイサー!!

写真の前列奥がガイドKn。
(遠いショットくてすみません・・・次が出演だったので舞台裏からの
ショットしかありませんでした)

約2時間ほどですべての演目が終わり、
最後は出演者、客席の人達の皆を巻きこんで
踊るカチャーシー。

無事、今年の芸能発表会も終了!

夜は、ぶがりなおし(打上げ)。

今年初のカマイ(猪)の刺身が出てきました~

やっぱり美味い!

Decchi ms

今日はこれから芸能発表会

こんにちは。
Decchi msです。

今日の西表島は、くもり時々雨。
時より小雨が降る肌寒さを感じる1日。

一昨日までは、快晴で天候は良かった
ものの昨日から前線の影響でどんよりとした
天候が続いている。

今晩は、LBガイドも所属している上原青年会の
第32回芸能発表会だ。

地域に根付く伝統芸能を地域の先輩方から
指導してもらい、地域の人達の前で発表する。

扇子踊りや、棒術、地域に根付く踊り。

芸能発表会に出る青年会員は30名~40名ほどは
いるだろうか。

演目毎にグループに分かれて発表する。
それくらい八重山や地域の芸能がたくさんあり、
踊りごとに振りや決まりごとがある。

指導を受けならがら、週に2日~3日の練習。

それぞれのグループが踊りなど練習を積んで
憶えてきたこと発表する。

何事も積んできた成果を発表する時は、緊張
するものだ。

あと約3時間後には、開演。

さぁ準備しよう。

Decchi ms