Archive for 1月, 2015

「汚部屋」→「お部屋」

こんにちは。ガイド金原です。

 

LBカヤックの面々は、日頃会社の寮を借りて寝泊りしています。

ここは、毎日の疲れを癒す憩い場。

 

DSC_0063

 

1日を振り返ったり、たまには4人でお酒を飲みながら語り合ったり・・・。

そんなことで普段利用している会社寮。

 

男4人で生活しているわけですから、知らず知らず部屋を散らかしていき

気づいたときには「汚部屋」に・・・。

 

1421820699338

 

片付けなければと言う気持ちはあるのですが、体が気持ちと連動せず。
けっきょくそのまま放置。

 

そんな日が何日か続き、そしてついにこの日が来る。
社長がひょんなことから寮を視察に来たのだ。

 

当然、「汚部屋」を目の当たりにし、
LBガイド達に雷が落ちる・・・。

 

特に威力が強かったのは、私(ガイド金原)とガイド萩原。
鬼のような形相でこっびどく叱られた。

(なぜ私たち2人に強い雷が落ちたのかは言うまでも無い。)

 

結局、寮で一番長く生活しているということで、

私と、社長に協力してもらい2人で寮の大掃除。

 

1421820735852

 

溜まっていた不必要なものを一気に捨て、

生活ゴミで車のトランクがパンパンに。

(大きなゴミ袋5~6枚分はあっただろうか。改めてみると、とんでもない量・・・。)

 

1421820724762

 

寮はスッキリ片付き、「汚部屋」→「お部屋」に。。。

 

これからは寮をきれいに使うことを誓うために、

また、自分達の戒めの為に、皆さんの前で反省の文を述べようと思います。

 

【寮長キンバラ】

文字通り、「塵も積もれば山となる。」

昔のありがたいお言葉があるように、

これからは日々の掃除を怠らずにしていこうと思います!

 

【ハギワラ】

奇しくもキンバラ寮長とは血液型が同じ(O型)で誕生日も同じ。

部屋が汚いのも共通していて何だか運命的なものを感じ・・・

ではなくて、反省の弁を述べるのでした。

現在33歳、LBガイドの中で最年長の自分が見本になるべき存在に

なれるよう、自覚を持って行動します!

 

反省文的な内容になってしまいましたが、

これからもLBガイドをよろしくお願いいたします!

 

ガイド金原(写真/文)

おむすび講習

ガイド飯田です。

 

昨日から飯田と萩原の二人はおむすび講習に参加しています。

 

恥ずかしながら、二人ともおいしいおむすびが作れず、

米の炊き方、のりをパリッとさせる方法、塩加減を学ぶため

沖縄から講師を招き…

 

ではなく、

L.B.カヤックで言う、おむすびとはOMSBのことです。

 

OMSBとは、

沖縄マリンレジャーセイフティービューローの略です。

以前、沖縄のシュノーケル事故が多く、

事故を減らす為に組織された団体です。

 

気軽に楽しめるスポーツのシュノーケリングですが、

スキューバダイビングのように国際的に統一された基準が無く

毎年多くの事故が起きています。

 

十分な知識が無く、海水を飲んで溺れてしまう場合や、

海岸の状態をよく知らない為、離岸流により沖へ流されてしまう場合が多いようです。

 

そのような事故を起こさない為にも

我々ガイドが十分な知識と技術を身につける必要があります。

 

L.B.カヤックステーションは

沖縄県公安委員会が、「水上安全条例」などに定める安全対策基準が

十分に満たされていると認めた事業者に与えられる

安全対策優良海域レジャー提供業者

通称【マル優事業者】に指定されています。

 

マル優事業者をどうやって見分けるかというと、

ホームページにマークや車、店舗にステッカーが貼ってあります。

L.B.カヤックステーションの車にも貼ってあります。

IMGP5726

 

 

右に見える黄色と赤のステッカーです。

アップにしてみると

IMGP5729

 

ホームページにもマーク が表示されています

このようなマーク

omsb

 

L.B.カヤックステーションのホームページにも表示されています。

探して見てください!

 

水難救助員とシュノーケルインストラクター、

先輩ガイドの二人はすでに取得していますが

萩原、飯田はまだ取得していないので

安心、安全なツアーを行うためにも、

今回、講習を受ける事になりました!

 

水難救助員で3日、シュノーケルインストラクターで4日の

合計7日間行います。

 

初日の昨日は、沖縄から講師の先生を招き、

心臓マッサージ、人工呼吸のやり方、AEDの使い方を学びました

IMGP5701

AEDや心臓マッサージにより救える命がある

 

使う事が無いよう安全なツアーを行うことが一番ですが

万が一の時や、日常生活中に家族が倒れてしまった場合など

使えるに越したことはありません。

 

以前も講習は受けましたが、内容が変更されたりするので

定期的な受講をオススメします。

 

そして2日目の今日

水難救助員の実技講習がありました。

IMGP5720

 

昨日の強い風が嘘のよう

すごく穏やかな海、絶好の講習日和です。

IMGP5711

準備運動をして、いざ海へ

IMGP5713

 

海の中は少し寒く感じましたが、

泳いでいると、あったかくなってきます。

 

救助するのは普通に泳ぐより大変です。

日頃使わない筋肉を使うためか

足がつりそうになったりしながら

講習を受けてきました。

IMGP5717

 

海からあがると、もうヘトヘトです。

 

明日は水難救助員講習の最終日

安全なツアーを行えるガイドになるため

しっかりと受講してきます!

 

ガイド飯田(写真/文)

西表島のお土産に。

こんばんは。ガイド廣瀬です。

 

本日は新たな西表島のお土産を皆さんにご紹介します。

今回買ったのは西表島古見にある「マナの店 」という場所。

 

まず、一つ目はこちら。

西表マイマイさん製造の西表で作った「ちんすこう」!

一袋6個入りで380円!

DSCF0178

ちんすこうなではのあの舌触り。

サクっとしながらもしっとり感が口の中に広がります。

10943194_334120433451954_219201802_n

しかし一般のちんすこうと異なるところがあります。

一般のものは、ぎゅっと固まった感じですが

西表産ちんすこうはとてもやわらかく、中に空気が含まれている食感。

甘さもちょうど良く、とても美味☆☆☆

 

次はこちら。

10928415_334120443451953_1864808620_n

真ん中がこーれーぐーす。

右がローゼルのジャム。

左がローゼルティー。

 

沖縄県民おなじみの島とうがらしの泡盛漬け、こーれーぐーす。

注目はこのおしゃれな容器。

沖縄のそばのお供がこんなにかっこいい。ほしい・・・

 

そして気になるのがローゼルですよね。

ローゼルとはハイビスカスの仲間。

その花のガクの部分を使用しています。

まずはジャムからご紹介。

IMGP5450

10937327_334120446785286_2117947221_n

 

色は鮮やかな赤。味はベリー系に近く、

ほのかな甘みに酸味の利いた味がくせになります!

今回はトーストに塗りましたが、ヨーグルトに入れるとおいしいかも!

 

最後はローゼルティー。

IMGP5466

10934284_334120440118620_2089092129_n

こちらも色は鮮やかな赤。とてもきれいです!

味はローズヒップティーに近い感じ。

酸味が特徴で、さっぱりとした味わいです。

優雅なアフタヌーンティーを楽しみたい方にオススメです。

 

以上、西表島のお土産紹介ブログでした。

是非、西表島古見にあるマナの店。

お立ち寄りなってください!

 

きっと新しい出会いがあなたに訪れるでしょう。

 

ガイド廣瀬(写真/文)

 

ヤギ日記

 

こんばんは。ガイド萩原です。

 

お待たせいたしました。ヤギ日記、久々の更新です!

(別に待ってない?)

 

ガイド廣瀬と一緒にカヤック修理をしていると

 

「フィーフィー!」

 

という鳴き声が。

 

そう、特別天然記念物のカンムリワシの鳴き声です。

 

鳥が大好きなガイド廣瀬、カヤックの修理はどこへやら。

いつの間にか一眼レフカメラを手に撮影へ。。。

DSC_0065

 

DSCF0133

おー、とてもいい写真が撮れたようです!

 

撮影に没頭するガイド廣瀬、

かれこれ5分ほど経過したところ、

背後から

 

「べぇ~、べぇぇ~~」

 

という鳴き声が・・・

 

そう。

DSCF9892

です。

 

「俺のことも忘れんな!」

 

と言わんばかりの鳴き声とその態度。

 

ヤギにイラッとしつつも、

たまには写真を撮ってあげましょう。

DSC_0072

ガイド廣瀬の後姿からカンムリワシを撮っているときほどの覇気を

感じないのは私だけでしょうか。。。

 

ヤギに近づけば相変わらず角を振り回してきます。

相当強いです。

DSCF0043

DSC_0087

 

やっぱり食べちゃおうかと迷ってしまう今日この頃。

そして今日も紐が絡まってます。

O

 

ガイド萩原(写真/文)

キッチンLB(餃子編)

餃子(ぎょうざ)が食べたいっ!

 

といっても、すぐに餃子が手に入る環境にはないため、

今日は餃子の皮からつくりました。

 

まずは強力粉と薄力粉を1対1で混ぜ合わせます

DSC_0127

 

 

熱湯を少しずつ入れながら混ぜ合わせていきます。

DSC_0129

 

 

ガイド飯田、こなれた手つきでこねていきます。

 

DSC_0139

DSC_0143

 

 

このように、ラップにくるんで、2~3時間寝かせます。

※強力粉にはグルテンが多く含まれているため、

寝かせる事でコシがあって柔らかい皮になるようですよ!

DSC_0163

 

次は餡づくり!

ニンニク、ニンジン、ニラ、ひき肉、キャベツ、をどっさり投入。

そして生姜や塩コショウで味を調整。

DSC_0165

 

 

餡が出来たら、今度は全員で皮づくり。皆真剣です。

DSC_0172

 

きれいな円にするのは難しくてできなかったのですが、

皮らしい出来栄えです。

 

DSC_0175

 

 

さ、食べよう!!

 

10928583_331637253700272_640864052_n

 

 

 

 

 

 

 

 

10913101_331637233700274_618876651_n

 

 

うまいっ!!

だけど、「皮がカターイ!!」

 

正直、今回の餃子づくりは失敗に終わってしまいました。

がしかーし!、失敗は成功の元であります!

臆せず、この失敗を活かして次はリベンジを果たしたいと思います。

 

それにしても餃子を作りすぎたようです。食べ過ぎて動けません。。。

ガイド皆、当分は餃子を欲することはないでしょう(笑)

 

ガイド萩原(写真/文)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サータアンダギーを作ろう!

こんばんは。ガイド廣瀬です。

 

皆さんは、沖縄のお土産は?と聞かれたら何を答えますか?

僕は真っ先にこう答えます。サータアンダギー!

なぜなら大好きだから。(笑)

 

普段からお店に売られているモノはよく食べている。

沖縄風ドーナッツと言ったところだ。

 

でも、作ったことはない。

そもそもどうやって作るのかも知らない。。。

 

ということで、サータアンダギーのもとを買い、作ってみました。

さっそく調理スタート!

O

 

 

まずは卵を3つ割ます。

IMG_5011

O

 

かき混ぜて、

O

 

もとを入れ、油をおおさじ2杯いれてよく混ぜます。

ここでのポイントはしっかり粉の玉をなくすまで混ぜる事!

O

 

O

 

IMG_5020

 

 

最近、新調したハンドミキサーを使ったら

一瞬で混ざりました!恐るべし(笑)

これからの活躍にも期待です!

 

さぁそして、生地の完成です!!

IMG_5022

 

まだサータアンダギーの影も形もありません。

ここで30分程、寝かせます。zzz

そうする事でもとに、卵と油がよく浸透するのだとか。

 

30分後、生地を起こして調理再開。

鍋に油を入れ、140℃まで上げます。

(140℃の目安は、米粒大の生地を入れ

そこから5秒ほどで浮きあがってくるればOK!)

 

生地はピンポン玉くらいの大きさに丸めて、

IMG_5033

140℃の油へポイっと。

IMG_5037

 

ここでのポイントは手に油をなじませて丸める事。

これにより手にくっつかず、綺麗に丸まります。

IMG_5028

 

 

焦げないようにちょこちょこ箸でひっくり返します。

IMG_5059

 

焦げ目がつかない程度、約8分間揚げます。

竹串などで刺し、生地が出てこなければOK!

 

我ながら初めてにしては良い感じに出来ました!

IMG_5062

 

これだけでも美味しそうですが、

さらに高級感を出すために長命草をトッピング!

美味しく頂きました。

IMG_5064

※長命草とは沖縄の薬草。

新芽は料理に使われますが、

成長した草はこの様に料理の引き立て役になります。

 

ただ単に材料を混ぜて油で揚げるだけだと

思っていた、サータアンダギー。

調べて、作ってみると意外と細かなポイントが多くあった。

 

実際に作ってみる事によって作り手の苦労がよく分かる。

それにより料理も更に美味しくなる!

 

サータアンダギー作り、大成功でした!

またの更新をお楽しみに☆

 

ガイド廣瀬(写真/文)

成人式

DSC_0082

今年の成人の日は1月12日ですが、西表島の西部上原地区では

本日、成人式が行われました。

 

西部上原地区は、上原・浦内・住吉・中野・船浦の5つの集落で

構成されています。今日はその5つの集落で今年成人になった

12名の内9名が参加しました。

 

2013年に旅立ちの島唄~15の春~という映画が公開されたように、

西表島の子どもは中学を卒業し、高校に入学する段階で西表島、

つまり親元を離れます。西表島に高校がないためです。

 

主に石垣島の高校に進学することが多いようですが、

高校卒業後も大学や専門学校への進学、あるいは就職などで

西表島にすぐ帰ってくるケースはあまり多くないようです。

 

そういう意味で、この成人式は、幼い頃に住んでいた故郷に戻り、

お世話になった地域の人達に対して「これだけ成長しましたよ!」

という報告会も兼ねているのかもしれません。

 

実際、成人式の会場には、地域の人達が大勢集まり、

「立派になったなぁ!」「背伸びたなぁ!」「カッコよくなったなぁ!」など、

成人した若者にたくさん声をかけていました。

 

また、夜になれば、成人した若者の実家に地元のたくさんの人達が

お祝いに訪れ、お祝いに訪れた方に対して、食事やお酒が

振る舞われます。

 

まだまだ夢半ばの20歳、こうして久しぶりに地元に帰り、

久しぶりに懐かしい面々と顔を合わせて

ご飯を食べたり、お酒を飲んだりしながら

昔話に花を咲かせ、将来の夢を語ったりする。

こうした時間がきっと将来の大きな財産になるのだろうと思いますね。

 

故郷を想うことの大事さを教えられた気がします。

 

【写真ギャラリー】

DSC_0048 DSC_0089 DSC_0100 DSC_0076

 

 

エイサーではガイド金原も出演!

DSC_0160 DSC_0168

 

 

地域一体型の成人式でした

DSC_0179 DSC_0184

 

DSC_0208 DSC_0214

 

ガイド萩原(写真/文)

新年を迎えて・・・

DSC_2802

明けましておめでとうございます。

昨年中は皆さまに大変お世話になりました。

本年もよろしくお願いいたします。

 

今日の西表島は北風が強く、くもり空が広がっているのですが、

朝日が射し込む景色がきれいです。

DSC_2798

 

さて、LBカヤックの面々も無事に年を越すことができました。

お客様を始め、地域の皆様に支えられ、無事に一年が

過ごせたことに感謝です。

 

昨日は社長以下スタッフの面々で

鍋、猪、お刺身、煮物などなど、

DSC_0038 DSC_0039

 

DSC_0026 DSC_0025

 

そして、お酒(笑)

DSC_0024

 

そして、年越しそば!

DSC_0046

 

をいただきつつ、夜遅くまで(明日もツアーがあるのに…笑)

それぞれが一年を振り返りながら、

2015年を迎えました。

 

西表島、LBカヤックでの生活は、近くに家族や親戚がいなくても

近くにいる人間同士で支え、支えられながら生きているなぁ

ということを強く実感しています。

 

人間関係が希薄になりつつある現代社会において、

大事なことを考えさせてくれるこの環境をこれからも大切にし、

ツアーに参加してくださるお客様にも伝えていければと思います。

DSC_0045 DSC_0043

 

 

・・・おまけ・・・

つまみ食い犯人を現行犯逮捕しました。

DSC_5475

 

 

ガイド萩原(写真/文)