Archive for 4月, 2015

船浮音祭り

西表島には船でしか行けない集落があります。

その名も“船浮”

 

今日は船浮で音楽の祭典

船浮音祭りが開催されました。

天気予報では、雨降り雷の予報…

雨天決行・入場無料の音楽祭

L.B.スタッフも参加してきました。

 

白浜港からの出発です。

DSCF3051

 

普段は船内で購入しますが、今日は音祭りなので

ターミナル近くの船乗り場で乗船券を購入します。

DSCF3052

 

定期船の航路ですが、一律1000円券を買うことによって

中学生以下のお子様を無料に、大原・上原への無料送迎バスを実現しているみたいです

DSCF3056

 

微力ですが、その取り組みに協力するため1000円券を購入!

いざ、船浮へ!!

DSCF3070

 

1000円券を購入した人は特別に“ちむどんどん号”に乗船できます

海風をダイレクトに感じれる雰囲気のある船です!!

DSCF3132

 

普段カヤックでこの航路を通りますが、

普段見る景色とは、また違って見えます。

普段は自分で漕ぎますが、今日は動力船!

みるみる白浜港が遠ざかっていきます。

DSCF3160

 

そして、見えてきた船浮

ガイド飯田は初船浮上陸です。

DSCF3197

 

初めての印象は、いい意味でコンパクト。

小さな島へ上陸した感覚です。

心なしか、家も可愛らしく見え、のどかな風景。

DSCF3315

 

ちゃんと立派な学校もあります。

DSCF3299

 

船浮には現在、47名の人が生活しています。

小さな集落ですが、多くの人が船浮に渡ってきます。

実はこの船浮、イリオモテヤマネコ発見捕獲の地でもあります!

DSCF3341

 

他にも近くに炭鉱跡があったりと歴史深い街なのです。

家々へつながる道は細く、舗装もされておりません。

 

小道を歩いていると、昔へタイムスリップしてしまったよう。

吹きぬける潮風、木々でざわめく蝉の声

葉のすき間からとどく陽ざし、しっとりと肌に感じる蒸し暑さが心地よいです。

 

小道にはハイビスカスが咲き乱れ、重厚なソテツがどっしりとかまえる。

南国ならではの風景が広がります。

DSCF3289 DSCF3363

 

街から少し歩くと、美しいビーチ“イダの浜”へも行けます

DSCF3608

 

浜までの道には大きいアコウの木も

DSCF3648

 

まるで、となりのトトロの世界に入ってしまったような感覚です。

 

緑の中をぬけていくと、

目の前に広がる浜

DSCF3639

 

砂の色も白く、サラサラ

海の色は青く、ターコイズブルーの海が広がります

DSCF3622

 

古き良き日本が今もなお残されている

とても美しい街です

 

その美しい街で開かれる音楽祭

船浮音祭りは、今年で9回目を迎えます。

船浮出身のミュージシャン、池田卓さんが中心となり

街全体で、音楽祭を盛り上げています!

DSCF3420

 

コンパクトですが、立派な音楽フェスです。

音楽フェスと言えば“LOVE & PEACE”ですが、

この音祭りは、一に平和、二に健康と

“PEACE & HEALTH” なんとも沖縄らしいコンセプト

 

池田さんが小さい頃におばあちゃんに言われた言葉です

健康も大事だけど、一番大事なのは、戦争の無い世の中を作ることよ

 

沖縄の人から発せられた言葉、とても重く、心に深く感じ入ります。

池田さんが作られる曲も、この想いが根底に流れ

熱い魂のさけびとなり、心を揺さぶられました。

DSCF3398

 

その想いに賛同したアーティストが集まり、

音祭りを盛り上げます

DSCF3701

三線と歌を披露してくれた 中宗根創さん

 

DSCF3729

見事な舞踊を披露してくれた西村綾乃さん

 

DSCF3784

沖縄にも住まれているRay Yamadaさん

と様々なプロの方が来島してくれ、惜しげもなく一流の音楽を披露してくれます

 

娯楽施設の少ない西表島ですが、

今日は豪華な一日となりました。

DSCF3334

 

島外からも、たくさんの人が集まり

活気のある音祭りです!

 

船浮集落の人も、今日の為に食べ物屋さん、イベントショップを開いてくれています。

DSCF3233

 

購入はチケットでの購入となります。

到着がお昼時で、お腹もペコペコです。

DSCF3240

 

西表島に来たら、絶対食べてもらいたいイノシシ料理

今日は、イノシシそば!

コラーゲンたっぷりで、くさみもなく、塩ベースの出汁に

イノシシのうま味がとけこみ、とても美味!

DSCF3251

 

西表島産の黒糖を使った、黒糖みつのかき氷

黒糖のコクがあり、上にかけられた練乳とマッチして美味しいです。

熱い今日にはぴったりの食べ物です。

しかも、船浮の子どもたちがお手伝いをしてくれていました。

DSCF3721

 

船浮の皆さんに感謝し、美味しくいただきました。

DSCF3468

 

会場には竹富町の人気者、ピカリャーも駆けつけてくれ

子どもたちも大盛り上がり

DSCF3547

 

池田さんの軽快なトークも冴え、おおいににぎわいました。

迎えたフィナーレでは、アンコールがおこり

船の出港時間を遅らせてもらうハプニング(?)も。

大盛況の内に幕を閉じた、船浮音祭り

来年以降もずっと続けてもらいたいお祭りです。

DSCF4127

 

P.S

船浮集落へお越しの際は、船の時間にご注意ください

(出港時刻は夏・冬で変わります)

DSCF3185

 

 

ガイド飯田(写真/文)

ナーラ川支流、泳げます!

こんにちは。ガイド廣瀬です。

O

 

先日、ガイド飯田と共にナーラ川の支流へ行って来ました。

気温が低い冬には行けなかった、支流の奥地を目指して。

 

これからの季節、皆様をツアーへお連れする前の視察へ!

というのを口実に思いっきり遊んできました(笑)

 

まずはナーラ川本流を進みます。

O

 

 

白浜港を出発して約30分、支流が見えてきました。

風がない日は水面に景色が映ります。

男二人、この景色につい、うっとり・・・

O

中にに入ると、風は周りの木々に遮られます。

聞こえるのはパドルで水中を漕ぐ音と鳥の鳴き声。

そこはまさに癒しの空間。

男二人、再びうっとり。

O

 

 

更に奥へ進み、カヤックを留め

ジャングルを流れる川を歩いて進みます。

O

周りには大きなシダ植物!

そこはまさにジャングルです。

 

さぁこの先へは泳いで進まなければなりません。

気温の低い冬に来れるのはここまでです。

 

ですがこの日の気温は27℃!

入るしかないでしょ!!

ということで。

OO

 

 

ここは足が届かないほどの水深。

ですがここで活躍するのがライフジャケット!

もしもの時用ではなく実用的に!

 

いやー、チョー気持ち良い。最高。

 

更に進むとそこはまさに異空間。

O O O

 

もののけ姫の世界にでもきたような感覚。

心が、体が癒されます。

 

更に進んだ場所には小滝もあります。

O

 

 

今回の視察で、いや遊びで感じた事。

ナーラ支流、最高。

気温も上がってきたので泳いで奥へ、解禁しましょう!

 

ツアーの詳細は

こちらからご参照ください。

http://lbks.jp/wp-content/category/mj1

シーズンは既に到来しています!

 

ディープな西表島へ皆様をご案内致します。

 

ガイド廣瀬(写真/文)