Archive for 1月, 2017

イリオモテボタル調査・観察会

2016年1月13日に西表島の祖納という集落で行われた

イリオモテボタル調査・観察会に参加してきました!

DSCF1318

この調査・観察会は今年で6年目らしく、毎年この時期になると行われている行事です。

環境省モニタリングサイト1000事業のコアサイトに指定されているもので

毎年、島の小学生や大人たちが交じり合いながらホタルについて学んでいく場です。

 

夕方6時、今の時期はまだ明るい時間帯ですが

イリオモテボタルの活動し始める時間帯です。

7時を過ぎると別の種類のホタルも光ってしまうため、イリオモテボタルは早い時間から光り始めます。

イリオモテボタルが活動する時間は短く、限られています。

 

そんなホタルを探しに集落を散策してきました。

イリオモテボタルはメスが光り、オスは光りません。

落ち葉や石垣の中で光り、オスに見つけてもらいます。

DSCF1312

石垣や道端の土の上を中心に進めていきます。

 

石垣といっても、西表島や八重山の石垣は、サンゴや琉球石灰岩(薄い石のようなもの)

を積み上げたもので隙間が空いており、隙間は生き物の住処になっていたりもします。

DSCF1289

ホタルのいそうな隙間をくまなく調べていくと。

石垣の奥に強い光が!

イリオモテボタルの光です。

やや緑がかった強い黄色の光。

メスがお尻を上げて光ります。

イリオモテボタルのメスは芋虫のような形をしており、逆立ちをして光るのです。

DSCF1303

あたりも段々暗くなってきて、

あちこちで「ホタル見つけたよ!」との声があがります。

子供たちの方が目線が低いのと、目が聡いので

多くのホタルを見つけてくれます!

 

調査地を6つに分け、それぞれのグループで手分けして見つけます。

調査時間は1時間弱の時間でしたが、今年は165個体を見つけることができました。

去年は30個体程度だったので、今年はホタルが多く発生しているようです。

以前の最高記録に迫る勢いです。

今年の気候は雨が少なく、台風も少なく

暑かった印象ですが、ホタルにとっては好条件だったのかもしれません。

調査中の気温も18℃前後だったことも要因かもしれません。

DSCF1333

公民館へ帰ってから調査報告をしたり、

感想を言い合ったり

お互いの仮説を話したりと

モニタリングの結果も皆で共有します。

 

小さいころから、このような体験ができる西表島の子供たちは

いいなと思う自分がいたり。

そこに参加させてもらえて、ありがたいなと思いました。

これからも、このような活動は続いていってほしいものです。

 

ガイド飯田(写真/文)

パンつくり始めました!

 

年末年始の少し急がしくなる時期も終え、内勤となる日が多くなってきたLBカヤック。

 

このいわゆる、オフシーズンの冬には毎年仕事以外で取り組むことがあります。

去年は流木を拾い、カヤック台つくり。

一昨年は沖縄そば、餃子、サータアンダギー、ムーチーなど様々な料理を一からつくるなどしました。

 

今年は、パンつくり!!

 

社長が昔使っていたホームベーカリーを引っ張り出してきたのです。笑

早速、作ってみました。

 

じゃん!!食パン!!

15942955_592781844252477_1527844436_o

まずは基本の食パンから。

15943230_592781870919141_1340076774_o

初めからなかなかいいできばえ。と、思いきや実はこれ3回目(笑)

1回目、2回目は膨らまず、ぺしゃんこでずっしりとしたパンになってしまいました。

三度目の正直というのはまさにこのこと!

 

そもそもなぜパンを作ることになったかというと

社長がサンドウィッチを食べたい!と言ったことがことの始まり。

ということでこの食パンさんはサンドウィッチになりました。

15909123_592782157585779_193394014_o

鉄板でパンとベーコンを焼き、

サニーレタス、トマト、特性レインボーソースそしてベーコンを乗せて

15902785_592781780919150_1775433512_o

 

 

完成しました!!

15943428_592781734252488_1553683204_o

 

 

その名も『はみ出しベーコンサンド』

特性レインボーソースがなかなか美味しかった。

 

社長の感想は・・・『うーん、パンがかたい』

『ガビーン!!・・・』

まぁ確かにかたかったです。

 

そのほか、デザートサンドウィッチも作りましたとさ。

15909190_592782194252442_808798574_o

 

今回は課題の残る結果となりました。

かたい原因・・・なんだろう。

研究を重ね、またリベンジします!

 

次回お楽しみに。

 

ガイド廣瀬(写真/文)