第31回うおまき集会!

こんにちは。

Decchi Sinです。

昨日、上原小学校が開催する、うおまき集会に参加させてもらいました。

うおまき集会というのは簡単に説明すると、
魚を網で捕まえて、それを食べるというイベントで、
「西表の大自然の恵みに感謝しよう」という環境プログラムです。

年に一回の一大イベントなのですが、
今回で31回目を数える伝統的な行事です。

昨日の参加人数は、上原小学校の生徒45名を始め、
その保護者と、地域の方々を含む、百十数名。

多くの人がこのイベントを楽しみに参加しました!

生徒達は必死に魚を網まで追い込み、
保護者はサポートに徹します。

僕も捕まえた魚を入れておくカゴを担いで
子ども達に交ざって走り回りました!

捕まえた魚の中には、こんなに大きなフグの仲間も!

他にもエイや、小さなサメも捕まえました。

これが今回獲れた魚の一部なのですが、
例年に比べると、少しすくなかったようです。

昨日、初めて参加させてもらった僕ですが、
これ以上の魚が獲れるとは驚きです!

そして今度は、捕った魚を自分たちでさばいていきます。

生徒たちも教わりながら一尾一尾丁寧に。

でもさすがは西表の子ども達!
魚をさばくのも手馴れたものですね!

そしてさばいた魚は、保護者の方や、地域の方の手によって
おいしい料理へと変わっていきます。

おお~!どれも美味しそう!
食べるのが待ち遠しいです。

いよいよ全ての料理が完成し、いざ実食!

味は最高! 獲れたての魚は食べたことが無かったのですが、
こんなにも美味しいんですね!

生徒達も幸せそうな顔をしていました!

最後は校長先生の言葉で、うおまき集会は無事に終了。

子ども達に西表の自然の大切さを教える
とても素晴らしいプログラムだと感じました。

何より、僕自身も良い経験ができました!

ありがとう。西表の自然の恵み。

そして、子ども達に楽しんでもらうために、
プログラムを企画、運営してくれた、上原小学校の先生方、
保護者の方々、地域の方々、ありがとうございました!

Decchi Sin