オオゴマダラ、成長の記録。

こんにちは。ガイド廣瀬です。

 

皆さんはオオゴマダラというチョウをご存知でしょうか?

このチョウです。

オオゴマダラ

大きさは日本最大級で

ひらひらと優雅に飛んでいる姿が印象的です。

 

このチョウの特徴は大きさだけではありません。

一番はその蛹(さなぎ)なのです!なんと黄金に輝くというのです。

しかし野生ではなかなかその蛹を見ることがとても難しい。

でもどうしても生で見てみたい!

 

ということで幼虫を飼うことにしました。

食草である「ホウライカガミ」を探し

そこから幼虫を探しだしました。

 

はじめはこの大きさ。

DSCF7825

まだまだ蛹やチョウの面影はありません。

それにしてもよく食べます。

O

 

2週間でここまで大きくなりました‼

なかなかの急成長ぶりです。

O

 

 

数日後...なんだか様子が変です。

逆さにぶら下がっています。

DSCF9162 DSCF9164

 

 

するとその10分後、急激に変化していました!

DSCF9168 DSCF9176

あまりに興奮しすぎて、ピンボケ、手ぶれが。。。笑

いつの間にか蛹になっていました!

 

それから徐々に色が変わっていきました。

数時間後。

DSCF9182

 

O

 

2日後。

 

O

O

 

4日後。(現在)

 

O

 

ついに金色になりました。

あ、いやこれはゴールドですね!笑

 

この姿を見たくて挑戦したこの飼育プログラム。

スタッフ一同感動しました。興奮しました。

 

しかし、まだ終わりではありません。

この蛹が羽化して無事に野生へ放した時点で

プログラム終了となります。

 

何気ないチョウチョですが、

大人になるまでに劇的な変化を経ているのを

目の当たりにして命の素晴らしさを改めて学べました。

 

現在はまだ蛹の状態ですので

最後の羽化、その時が来るまでしっかりと見守り

大切にしていきたいと思います。

 

ガイド廣瀬(写真/文)