真夜中の星砂海岸。~冬の大潮~

こんにちは。ガイド廣瀬です。

 

先日、真夜中に星砂海岸へ行ってきました。

その日は新月の大潮。干潮時は潮位がマイナスになる。

 

すなわち、めちゃくちゃ潮が引くということ!

 

どれくらいかというと、これくらい。

 

あっちのサンゴもこっちのサンゴも水面に出てしまっています。

 

普段水中で生活しているサンゴ。

しかしこの日ばかりは、

歩きで、マスクもなしで、ライトひとつで簡単に観察ができました。

なんだか不思議な光景。。。

 

サンゴだけでなく、同じ仲間の

イソギンチャクも影響を受けていました。

浅すぎて、潰れたような形に。。。

よくみるとクマノミの姿が!

クマノミにとっては試練です。頑張れ!!

 

そして、夜は他の生き物も寝る時間です。

いたる所でボーっとしている姿を見かけます。

 

底に横たわっていたり、

頭だけを突っ込んで寝ていたり。

 

いつもなら、すぐに逃げるはずのカニも

ボーっとしています。

 

夜行性の動物は活動が活発になります。

この日は小さなウツボに出会いました。

 

夜の海は昼とは全く違う顔を見せてくれます。

魚もカニもこんなにも至近距離で見ることができ、

昼間には出会えない生き物に出会うことができます。

 

そして夜はとてもゆっくりと時間が流れます。

 

今回の観察で改めて思った事。やはり海は面白い。

なぜならこんなにも多種多様な生き物が存在するから。

 

山ではこれだけ多くの

生き物を見つけるのは至難の業です。

 

西表島はジャングルばかりが注目されがちですが

海にも素晴らしいモノが多くあります。

 

この豊かな海を、自然をいつまでも残していけるよう、

まずは皆様にその素晴らしさを知っていただきたく

今回はブログを書かせていただきました!

 

すこしは西表島、星砂海岸の素晴らしいところを

知って頂けたでしょうか?

まだまだこれは一部です。

 

また次回の大潮、今度は満月ですね。

満月の夜。星砂海岸へ観察に行き、

またその時の様子を皆様にお知らせ出来ればと思います。

 

次回もまたお楽しみに。

 

ガイド廣瀬(写真/文)