上原小学校 学習発表会。

こんばんは。ガイド廣瀬です。

 

先日、上原小学校の「学習発表会」が行われました。

DSCF0326

地域の活動で日ごろお世話になっている方の

お子さんがいたり、仲良しになった小学生がいたので

その応援にガイド廣瀬、行って参りました。

 

そもそも気になるのが『学習発表会』というもの。

僕の小学校にはありませんでした。

聞いてみると他のガイドも皆無いとの事です。

 

まず始めは、1年生のごあいさつから。

DSCF0293

とても元気がよく、ひとりひとりに台詞もあり

しかも歌まで歌って1年生なのにすごいなと感心してしまうほど!

 

そして次々と演目が行われます。

合唱があり、劇があり。

中でも注目したのは5,6年生の『創作獅子』と平和劇『対馬丸』

 

DSCF0305

 

DSCF0318

獅子では迫力のある動きを見事に表現。

内地の獅子とは違い2人で演技を行います。

動きを覚えるの、息を合わせるの

並みの練習では到底難しい。

憧れます。

 

DSCF0323

『対馬丸』では戦争でおきた実話を再現。

戦争のため子供達を内地へ疎開させる船、それが「対馬丸」。

しかしそれは建前でした。

もともと貨物船の「対馬丸」は速度は遅く

アメリカの魚雷に撃沈させられてしまいます。

本音は、戦争のため多くの兵士が島に上陸するので

食料の確保が必要だったのです。

そのため多くの児童を乗せた対馬丸は

海のそこへ沈んでいきました。

 

恥ずかしがる子はいません。

たくさん練習してきたんだと感じる演技。

素晴らしい子達ばかりです。

 

『学習発表会』はこのようなものでした。

大変素晴らしい!

 

そして、周りを見ると我が子を

ビデオに収める親御さんたちの姿が。

そういえば自分の両親も同じだったなと思い出します。

今なら両親の気持ちも少し分かるような気もする。

そりゃ子供が頑張っている姿は収めたくなる。

 

あの時、両親に反抗してた自分に少し反省・・・

お詫びに石垣島の活車えびを贈りました(笑)

 

それにしても小学生のうちからこんな経験ができるなんて。

正直うらやましくも思います。

多くの自然に囲まれて、素晴らしい教育環境にも恵まれて。

 

最近少し思うことがあります。

まだ先の話ですが、自分の子供は

西表島でのびのびと育てたいなと。。。

 

21歳のくせに何を言ってる!と思われそうですが(笑)

 

たくさんのいい刺激をありがとうございました。

 

小学生に負けず自分も

頑張らねばと改めて思う1日となりました。

 

ガイド廣瀬(写真/文)