イノー観察~その2~

こんにちは。ガイド金原です。

 

さぁ、昨日のイノー観察で出会った動物達を引き続きご紹介します!

 

まずは、みんなの人気者カクレクマノミ

 

O

 

普段は星砂の浜に会いに行っていますが、

ここ高那のイノーでもクマノミ家族が生活してるようです。

 

しかし、この時間は夏の大潮の干潮。潮が引き、水位が下がった海。

ギリギリのところで身動きがとりづらいだろうに、その中でたくましく生活していました。

 

O

 

「早く満ちてこないかぁ~・・・。」というクマノミの声が聞こえてきそうです。

 

ウツボの仲間。

 

O

 

おぉ!これは大物!

星砂海岸ではなかなか見ることのできない動物に出会えました。

 

ウツボにビビりながらも、水中に手を突っ込み写真の撮影を試みるガイド金原。

 

O

 

何とか接写で撮影は成功!思ったより気性は荒くないようです。

それとも、この仔は臆病な性格だったのでしょうか・・・。

 

 ヒトデの仲間

 

O

 

「星型動物」として分類されるだけあって、まんま星の形をしていますね。

 

ヒトデを見つけると、どうしても左下に置いて写真を撮りたくなるのは

僕だけでしょうか・・・。

なんとなく海の写真っぽくなると思いませんか?

 

少し歩いただけで、これだけの動物達に出会う事ができるイノーは本当に動物達の宝庫!

普段、野生動物と触れ合おうと思っても、なかなか難しいですが、

ここでは動物達との距離が非常に近く、簡単に見たり触ったりすることができます。

 

こういう経験もまた、ひとつの自然体験なのだと思います。

イノー観察、オススメです!!

 

 

。。。『~おまけ~』

 

「おっ!ここ遊べそうだな!」

イノー観察の帰りぎわ、突然の社長の声。

 

振り返ってみると、

まさに崖と呼ぶにふさわしい斜面をよじ登っているではありませんか。

 

O

 

若い頃には、よく山にも登ったと聞きます。

おそらく、そのころの血がたぎったのでしょう。

 

みんな童心に帰り、大人になるにつれて忘れていた「遊ぶ気持ち」を蘇らせてくれるのが、

西表島の最大の魅力ですね!

 

しかし社長も現役を引退し、50を過ぎた身体。こんな急斜面、見ているこっちがソワソワします。

 

O

 

(あんまり無理はしないでくれよ・・・。)と社長には聞こえないようにつぶやきました。

 

ガイド金原(写真/文)