【甘くておいしいパイナップル】西表島で食べられる島産パイン

パイナップルの季節がやってくる!

沖縄の夏といえば「パイナップル」

西表島の6月はパイナップルの季節。
もうすぐパイナップルの季節到来です!

パイナップルは南アメリカが原産

ブラジルを中心とした南アメリカ原産のパイナップル。
1845年日本では江戸時代。オランダ船により日本に伝わってきました。
小笠原や沖縄に伝えられ、栽培が始まりました。

貴重な国産パイン

温暖な気候でなくては育たないようです。
本州で売られているパイナップルは、ほとんどが輸入品だそうです。
貴重な国産パイナップルが美味しく食べれる西表島。
西表島に来たら、パイナップルを食べなくては損してます。

西表島で栽培されている品種

西表島で栽培されている品種はハワイ種、ピーチパイン、スナックパイン、
ゴールドバレル…と様々な品種が栽培されています。
パイナップルと言っても、1種類だけではないんです!!

最近の流行は糖度の高いパイン

最近の流行は糖度が高く、甘みの強いものだそうです。
西表島で食べたパイナップルは酸っぱいものはあまりありません。

ピーチパイン


香り、味共に甘みのあるパイナップル。
正確な品種名は「ソフトタッチ」と言うもの。
西表島の各所で売られているのを目にします。
西表島で一番売られているパインではないでしょうか。

ゴールドバレル


高級品!一言で言って高級品!
味はまだ試したことがないので、何とも言えませんが
POPを見てもらってもわかるように濃い味のようです。
今度買ってみます!!!

スナックパイン

パインの変わり種??
ちぎって食べれるパインです。
ちぎって食べる??と思うかもしれませんが
パインの柄のひとつひとつがちぎれます。
ピーチパインに比べると少し酸味があるかなと感じます。
少しすっぱい方がイイ!という人におすすめ。

西表島島内で購入できる場所

西表島島内では無人販売も!

西表島では、島内の至る所で無人販売のブースが設置されています。
どこも同じというワケではなく、それぞれの農家さんが自分のブースに出品します。
農家さんによって置くものが違ったり、味が違ったりと個性的。
島に来た時は、無人販売巡りをしてみてもおもしろいかも!
同じ品種でも育つ土地、日の当たり具合、水の量などが違ってきます。
農家さんのこだわりもそれぞれで違ってくるので、
お好みの味を見つけてみてください!

もちろん港でも買えます!


無人販売所まで買いに行かなくても、港の中でも買えたりします。
高級品のゴールドバレルも置いてあり、目をひきます。
高級品過ぎて、まだ食べたことはありませんが、ぜひとも試してみたい品種!

西表島に来たらパイナップルを食べてください!

貴重な国産のパインが西表島ではお手軽に手に入ります。
缶詰めのパインとは段違いの美味しさ!
ぜひ、だまされたと思って買ってみてください。
西表島での素敵な思い出になると思います。

ガイド飯田(写真/文)

コメントは停止中です。