Posts Tagged ‘カヤック’

カヤックとカヌーの違い

カヤックとカヌー

エル・ビー・カヤックステーションの名前にも入っている「カヤック」

「カヌー」という言葉は聞いたことがあると思います。

でも、カヤックという言葉は聞きなれない。

言葉は知っていても、カヤックとカヌーって何が違うの?

シーカヤックって言葉を聞いたけど、カヤックのこと?

という疑問が出てきます。

カヤックとカヌーの違いについて詳しく説明していきます。

カヤックって何?

もともとは、アリューシャン列島やグリーンランドなどの

極寒の地に住むイヌイットたちが使っていたもの。

流木で骨組みを作り、アザラシの皮を張って船を作ったものが原型です。

アザラシやトドを狩るのに使われていました。

 

国によって呼び方も違う

日本ではカヌーというと、オープン・デッキ(甲板が空いているもの)と

クローズド・デッキ(甲板がカバーされているもの)をまとめてカヌーと呼んでいます。

 

北米(アメリカ、カナダ)ではカヌーといえば、オープン・カナディアン・カヌーのみ

その他のカヌーは「カヤック」と厳密によびわけているようです。

 

日本でカヌーと呼ばれるフネも様々なタイプがあるのですが、形で分類してみると、

カナディアンカヌー、ファルトボート、インフレータブルカヌー、ファンカヤック、

シーカヤック、シットオン・トップに分類されます。

 

カナディアンカヌー

カナディアンカヌー

北米でカヌーと呼ばれるもの

デッキ(甲板)がオープンになっていて、

ブレードが片方にしかついていないパドル(漕ぎ棒)で漕ぐもの。

湖をのんびり漕ぐようなイメージのフネに感じますが、

激流くだりを専門にデザインされたモデルもあります。

かつては、川を使ってビーバーの毛皮を運ぶために使われていたようです。

 

ファルトボート

いわゆる折り畳み式のもの。フレーム(木やアルミ)の上に布を張って組み立てる。

持ち運びに便利、保管場所に困らないのがいいとこ。

組み立てるのに時間がかかることと、片づける時にきちんと乾かさないとダメ。

フェザークラフト(カナダ)やフジタカヌー(日本)が有名。

 

インフレータブルカヌー

空気を入れて膨らますタイプ。

船体はゴムなどでできていて、空気を入れるだけで準備ができ乾くのも早い。

向かい風を受けると、なかなか前に進まないなどのデメリットも。。

グラブナー(オーストリア)など。

 

ファンカヤック(リバーカヤック)

リバーカヤック

もともとイヌイットが使っていた狩猟用の小舟をレジャーや競技用にアレンジしたもの。

種類が豊富で、クルクルと小回りが効くもの(レジャースラローム)から

波の静かな沿岸ならシーカヤックとして使えるものも。

 

ほとんどがポリエチレン製。壊れにくく長持ちする。

メーカーによってはレクリエーションカヤックと呼ぶところもあります。

 

ちなみに、リオデジャネイロ五輪のカヌーで銅メダルを獲得した

羽根田卓也選手が乗っていたのはスラロームというもので、こちらに分類されます。

 

シーカヤック

O

本来のカヤックの姿に最も近いモデルです。

ややズングリした感じのアリューシャンタイプと、

シャープなフォルムを持つグリーンランドタイプがあります。

 

ズングリタイプは狩猟と共に毛皮の運搬にも使われるため、

安定性が高く積載できる荷物も多いです。

 

シャープタイプはスピードを重視し、

アザラシなどの生き物を狩るのに使っていました。

 

前後には荷物を入れれるハッチがついています。

ひっくり返っても中の空気で船が浮きます。

 

海の場合、波をスムーズに乗り越えたり、

長距離を楽に漕ぐことの方が重要になってくるので

後ろには舵(ラダー)がついているものもあり、

足で操作し、左右に曲げることができます。

長い距離を漕ぐツーリングや潮の流れがある場所では大活躍します。

 

シットオン・トップ

シットオントップ

アメリカのマリブオーシャンカヤックス社が

スキューバダイビングのために、タンクが固定でき、

しかも水中から の再エントリーが簡単にできるフネを!!

というコンセプトから生まれたモデルです。

 

いろんなメーカーさんが作っていますが、

最大の特徴は、開放感と抜群の安定性。

水中からでも再エントリーできる手軽さも人気です。

プラスチックの中は空洞で空気が入っていますので、

ひっくり返っても浮きます。

 

普通のカヤックに比べて船足は遅いので、長距離は難しいですが、

幅ひろい用途で使えるカヤックです。

 

LBカヤックステーションで使っているカヤック

エル・ビー・カヤックでは、シーカヤックシットオン・トップを使っています。

 

初めての方でも気軽に漕げるようにという意味で、

漕ぐ距離が短いピナイサーラのコースは

安定性が高く、ゆったり漕げるシットオントップ・カヤックを使い

長距離のロングライド(ナーラ本流、ナーラ支流、船浮湾)

のコースは本格的な舵付きのシーカヤックを使っています。

 

旅の目的に合ったカヤックを使って、

西表島の大自然を満喫してほしい!

という想いで、カヤックを選んでいます。

 

カヤックとカヌーの違い、わかりましたか?

乗り心地、操作性などは実際に乗って試してみてください!

 

ガイド飯田(写真/文)(写真、イラストの一部はフリーの素材を使わせて頂きました)

青空が恋しくて・・・

こんにちは。ガイド廣瀬です。

 

前回の投稿(冬の西表島の魅力を教えます)では、西表島の冬の魅力をお伝えしました。

Facebook等で多くの反応をいただきました。ありがとうございました。

 

前回の投稿の通り、確かに冬でも魅力あふれる西表島です。

 

ですがやはり、青空が恋しくなります。

ほおっておくと、心もどんよりとしてきます。

 

と、いうことで過去の青空の写真を集めました。

この写真を見て気持ちを紛らそうと思います!

 

では早速ご覧ください!

12562743_452468161617180_1097207647_o

 

船浦湾からカヤックでピナイサーラを目指します!

 

12592010_452468088283854_745827663_o

船浦湾をパノラマで。

 

12546134_452468094950520_1486994209_o

風がない日は水面に景色が写ります。

 

12463603_452468168283846_210597954_n

ピナイサーラを臨む船着場付近。

青と緑のコントラストがとても美しく綺麗です。

 

12557675_452468104950519_1004936604_o

ピナイサーラ滝上から。

海、山、川が揃ったとても贅沢な絶景。

 

12557161_452468074950522_122940192_o

木炭の浜で『ハイ、ポーズ!』

プライベート間あふれるこの浜はガイド廣瀬、お気に入りの場所。

 

12557028_452468051617191_2064773868_o

上原港。港でもこの海の色!

 

12546123_452468058283857_469155025_o

マングローブ林を上から。奥には山も見えています。

西表島の壮大さを感じますね!

 

12607127_452468011617195_766171440_n

ある日の空。

12557249_452468141617182_1023147218_o

おにぎりと一緒に。

 

以上です。

 

どうですかみなさん。

どんよりとした心は晴れましたか?

 

私は書いていてとても晴れました。笑

癒されました。

 

そして冬だからと言って晴れる日がないことはありませんよ。

晴れる日ももちろんあります。

天気予報は良いようにも、悪いようにもはずれることはあります。

※雨男、雨女の方は・・・がんばってください。

 

冬はまだまだこれからかと思いますが、

雨、雪、風、寒さに負けず冬を乗り越えましょう!

心が折れそうになったら、またこの投稿を見て

心を晴れにして、気持ちを高めて頑張ってください!

 

ではまたお会いしましょう。

 

ガイド廣瀬(写真/文)

 

バラス島~鳩離島~座礁船、カヤックで行くひとり旅。その2

こんばんは。ガイド廣瀬です。

お待たせしてすみません。

前回更新したものの続きをご紹介します。

O

鳩離島を出発し、次に向かうのは赤離島。

前半のも合わせて。今回の行程はこちら。(クリックで画像拡大)

zu-ti-

再び青い海、青い空の下漕ぎ出します。

 

海は深さによって、色が変わります。

O

ここは少し浅い場所。エメラルドグリーンでとても綺麗です!

 

しばらく漕ぐと、見えてきました『赤離島』。

O

 

O

そして到着。

 

よく見るとバラスや鳩離島とはまた違った地質。

O

砂岩でできています。西表島にも砂岩は多くあります。

ということは、かつて『赤離島』は

西表島の一部だったのかもしれませんね。

 

そしてこの先に今回の旅の最終目的地、『座礁船』があります。

O

ついに到着!

O

遠くで見ると分かりませんが近づくとかなりでかいです!

長さは約80m。

 

カヤックと比べてみました。

O

やはりデカイ!

 

実は多くの生き物達がこの船を利用しています!

まず、見つけたのは『エリグロアジサシ』。

DSCF1763

バラス島や鳩離島と同様、この場所も営巣地のようです!

 

船の中には『ミナミイワガニ』の姿が。

O

本来はその名のとおり、岩場に多く住むカニです。

ですが彼らにとっては同じようなものなのかもしれません。

 

さらにはこんな珍客も!

ウミヘビが上陸していました!

O

おそらく『アオマダラウミヘビ』。

夜行性のため昼間は陸に上がり、休憩しているのだとか。

 

そして満潮時は全体が水に浸かり漁礁になります。

 

ただの寂(さび)れた座礁船ではありませんでした。

数十年前に座礁した船。

今は海水にさらされ、真っ黒にサビてしまっていますが

いまだに存在感を放ち続けています。

O

(後ろから)

 

O

(全体像)

 

O

O

 

(船内)何やら凄そうな機械が。

 

あと何年もつか。。。

いつまでもあり続けて欲しいものです。

 

さぁ次はどこを旅しに行こうか。

次回の更新もお楽しみに☆

 

ガイド廣瀬(写真/文)