現場対応訓練で考えた3つのこと

現場対応訓練に参加してみて感じた3つのこと

18641464_1011244815673113_348037153_o

現場対応訓練は行動に移すための練習

予防が大事

まずは日ごろの安全が第一。
事故、怪我が無いように私たちは安全なツアーを心がけています。
危険だなと思うところは避けたり、天候などの状況は現場で判断し
ツアー行程の組み換えを行ったり。
実はガイドはおしゃべりしているだけに見えても
五感をフルに活用しながらツアーを行っています。

万が一に備えて

安全なツアーを心がけていても、100%起こらないことはありません。。
今回は、ピナイサーラで救助者が発生したという想定のもと、
現場対応訓練を行ってきました。
現場で起こしてはいけない事故ですが、いつ何時起こるかは誰もわかりません。
事故を起こさないに越したことはありませんが、万が一起きてしまった場合、
事故現場に遭遇した場合、適切な判断、行動ができるようにする訓練です。

固まらずに行動に移せるか

街中を歩いていて、突然前に歩いていた人が倒れることがあるかもしれません。
ビックリすると思います。
しかし、そこからビックリしたままではなく、行動に移せるかどうか。
ここが分かれ道になってくると思います。
自分と関係のない人だから、悪化させてしまったらどうしよう。
そんな不安があり、その場から逃げたくなる気持ちも出てくるでしょう。
しかし、そういう時の対処法さえ訓練していれば、
行動には移せる。行動に移せば、次に何をしたらいいか考えることができる。
とにかくやることが大事、思考停止・恐怖に支配されてしまうことが
一番怖いなと感じました。

ガイドの危機管理能力が問われる

瞬間で判断するチカラ

ガイド自身もフィールドに入り、自分たちの経験などから
危険だ!危ないな!と感じることがあります。
そういう場合は、無理をせず瞬時に状況判断をくだし
次の行動を決めていく。
感じ、考え、行動する。
この時間をできるだけ少ない時間でできるように。
その場の状況のなかで一番適切な答えを得、躊躇せずに行動に移す能力。

日常生活の中からつちかわれる能力

これは現場に入っている時だけでなく、
日常生活の行動からも訓練することができます。
日常行っていることしか、発揮できないのが能力です。
日頃から何にでもチャレンジすることによって
幅広い選択肢を持つことができます。

危険をマネジメントする

習慣がその人をつくる
ベンジャミンフランクリンも言っていますが、
よい習慣を身につけることがその人自身をよい方向へと成長させます。
以前は、空を見て綺麗だなと感じるだけでしたが、
今は空を見あげ、空の色、湿度、雲の流れ、
高高度の上空、中空、低空の雲の流れ
などを見て、今後天気がどう変化するかを予測する。
そんなことも行うようになりました。
気象はデータと、連続的な科学的現象の組み合わせから導かれる確率
で説明できるものなので、朝気象データを頭に入れ
現場でどういう状況になっているかを想像しながら
今どういう状況なのか、次にくる変化は何なのかを考えることができます。

繰り返すことによって磨いていく

繰り返しによって身につく

プロスポーツ選手も血がにじむような練習を何度も何度も重ね
高いパフォーマンスを発揮することができます。
練習を1日でも欠かすと、取り戻すのに3日はかかると言われるほど
日常からの練習、訓練が大事になってきます。

徐々に精度をあげていく

繰り返すことによってできるようになります。
できるようになってもそこで満足せず
どうしたらもっとよくできるだろうか。
どうしたらもっと効率よくできるだろうか。
そのようなことを考えながら自分なりに工夫していく。
そういった姿勢が大事になってきます。

年齢に応じた技術を身につける

自分はガイドとしては年齢が高めです。
毎年ヤマネコマラソンに参加したり、救助訓練に参加したりして
体力を維持しているつもりですが、
加齢には勝てずに、身体のパフォーマンスが徐々に落ちてきています。
昔はもっと早く長く強く活動できたのに。
今でもあのくらいはできるだろうと思っていても、
身体がついていかない場合がでてきました。
若いころはパワーで解決できていたことも、今では難しくなってくる。
そこで大事になってくるのが、足りないものを補う力。
ただヤミクモにやるのではなく、原理や目的を考えながら
頭をフルに回転させて行う。
自分の能力を自分でわかることも大事です。

まとめ

意識的に日常を過ごすことがガイドとしてのスキルアップ
人間としての厚みが出てくるのではないかと気づかせられました。
誰かに安全を与えるためには、まず修身。
心、技、体を充実させ、自己を修めることが大事だなと感じました。

ガイド飯田(写真/文)

水難救助員、シュノーケリングインストラクター資格更新講習

本日は沖縄マリンレジャーセイフティービューロー(OMSB)主催の

水難救助員、シュノーケリングインストラクターの継続講習へ行ってきました。

 

エル・ビー・カヤックのガイドは全員、OMSBの水難救助員、シュノーケリングインストラクターの資格を保有しており

安全、安心なツアーを心掛けています。

 

今回の講習は石垣島で開催されるため、全員で石垣島へ行ってきました。

14800149_874287736035489_1963637044_o

最初に座学で、過去5年間の水難事故の推移を学び、

沖縄での水難事故の多さを目の当たりにしました。

自分達も気を付けなければならないな。

そんな、気持ちに改めてさせられる出来事でした。

観光の方の事故もありますが、米軍の方が水難事故を起こす事例もあり

自然の脅威と偉大さ、人間の感受性を磨く必要があること。

そのような事を感じ、感覚の鋭いガイドを目指さなければなと思いました。

14787491_874287999368796_30546585_o

また、サンゴに関しての講義もあり

カヤックだけではなく、沖縄独自の生き物、自然を勉強させてもらういい機会にもなりました。

サンゴが人の住んでいる島の側に生育していることの貴重性。

サンゴが造り出した造形物を資源として利用できることの幸せさ。

そんな貴重で希少なものが身近にある有難さ。

西表島に住んでいると、当たり前のように身近にあるサンゴの凄さ

大切さを思い知らされる内容でした。

サンゴ素人のガイド飯田でも分かりやすく話してもらえ、

もっと、サンゴのことを知りたい、勉強したい!という気持ちになりました。

来年は、サンゴの素晴らしさを伝えれるガイドに成長したいです!!

14800073_874288056035457_1487210100_o

日本赤十字の方による

AEDの使い方、心肺蘇生の仕方についての講習もありました。

年に2~3回は講習を受けているので、

問題ないだろうと思っても、実際やってみると

案外、緊張して頭がちょっと混乱し、手順を忘れたり

上手くできないものだなと、改めて感じました。

あまり出くわしたくはないですが、

いざという時、しっかりとできるように

日常的な練習をもっとしていかなければならないなと感じました。

 

また、マニュアルの方も年々、細かく改正されているようで、

3年前には別の習い方をした所が変わっていたりしました。

日々、生存率を高めるために改訂しているので、

心構えも見習わなければ

そう思える講習でした。

 

日々、訓練、日々、勉強

ガイドとして人間として、まだまだ、成長していきたいです!

 

ガイド飯田(写真/文)

西表島からみる世界自然遺産

20150918_184056

昨日、西表島の野生動物保護センターでミニ講座が開催されました。

通称、ワイルドライフセンター!

環境省のレンジャーさんたちが勤務されている場所です。

 

普段は一般公開されており、イリオモテヤマネコの剥製や骨格標本。

西表島に生育する動物たちの情報が展示されています。

無料で見学できるので、西表島にお越しの際は寄ってみてください!

(生物好きなLBガイドは、今でもたまに寄って興奮しています)

 

20150919_074751

昨日、ツアーから帰ってみると、机の上に一枚のチラシが!!

「西表島からみる世界自然遺産」というテーマでの講座です。

既に世界自然遺産である、知床・小笠原の事例を交えつつ

これから世界自然遺産に向けて登録を進めている

「奄美・琉球」の話も聞けそうな内容です。

 

最近の新聞報道では、奄美・琉球の暫定推薦書また持ち越しとの

報道もありましたが、将来的には世界遺産登録に向けて進んでいる

西表島の住民としては、とても気になる話題です。

 

LBカヤックでは、ガイド金原とガイド飯田の2名が参加。

ツアーから帰り、後片付けを急いで済ませ、保護センターへ向かいます!

 

講師の古村先生は、現在、宇都宮大学で教鞭を振るわれている先生で、

西表島で大学の先生の話を聞けるとは!!

思いもよらない喜びです。

 

小笠原・知床の事例、写真を中心に話が進んでいきます。

先生自身、知床・小笠原に入り、

実際現地の人々と生活、仕事を手伝ったりして、

地域の人々と世界遺産の関係性なども研究されているようです。

知床では、羅臼昆布加工も手伝っており、

羅臼昆布を作れるとおっしゃっていたのが、印象的です。

 

世界自然遺産になるには、行政・科学委員会・地域連絡協議会の連携が必要とされてきます。

西表島に実際に住んでいてこの3者の連携というのが、現状では感じられません。

講座が終わり、知床・小笠原ではどうなのか質問してみたところ、

知床では、知床財団を中心にして良好な関係が築けており、

小笠原では、住民の3割が公務員の方らしくその方々をたちとのコミニュケーションにより

苦情は出ていないとのこと。

 

西表島では今後、どうなっていくのだろうと思うと同時に

自分達には何が出来るだろうと考えさせられた講座でした。

2015-09-19 12.41.35

自分達の住み島、自分達の行っているエコツーリズムについて

もっと深く考えなくてはならないなと思います。

もっと詳しく島について知れたらなと思い、

講座終了後に古村先生の書かれた本を購入しました。

西表島のエコツーリズムの成り立ちなど、更に勉強していきます。

 

古村先生、ありがとうございました。

 

ガイド飯田(写真/文)