-西表島の自然をカヌー・トレッキングで遊ぶ・楽しむ・体験する-

西表島フィールドニュース

■2018年2月6日(火)

2018年2月6日(火)の観測時の気象状況
天気 くもり
気温 14℃
風向きと風速 北東の風 穏やかに
安栄丸運航状況 上原欠航、大原運航

■きょうの「旬」

巨樹「サキシマスオウの木」

 

 

【特徴】湿地帯の生育する高木。根が板状に発達している

【出会える度】★★★★☆

【分布】奄美大島、沖縄島、宮古島、石垣島、西表島、台湾、東南アジア、

ポリネシア、アフリカなど

 

 

 

様々な植物が茂るジャングル

 

西表島のジャングルの中では、様々な植物が競争しあいながら生きています。

本州の山は単一林(同じ種類の木だけ生えている)、

もしくは植物種が少ない(主だった樹が10種類以下)なことが多いですが

西表島では、本州と違い、植物の種類が多いです。

多種多様な植物がひしめく、緑の島です。

 

そして、その植物たちは、互いに競争しあっている。

日光にあたると、植物は光合成ができ、おおきく育つことができます。

なので、植物は出来るだけ日光に当たろうとします。

上へ伸びたり、横へ伸びたり。

中には、大きい木に巻き付いたりして光にあたろうとするのもいます。

 

湿地の王者「サキシマスオウの木」

 

そんな競争が激しいジャングルの中でも、湿地帯のボスとも言えるのが、「サキシマスオの木」です。

山の上では見かけませんが、川沿いや、川の近くの湿地帯でよく見かける木です。

樹高が高く、ドドンとした木。

 

特に、森の奥へ入っていくと、大きな大きなサキシマスオウの木が姿を現します。

その迫力は、えにも言えないもの。

 

威圧感のある迫力ではなく、すべてを受け入れて悟っているような

落ち着いたものです。

迫力というより、堂々とした存在感がある木です。

 

根っこがスゴイ!

 

根は「板根」と呼ばれる板状のもの。

根自体は、そこまで深くは張っていないようです。

地面のなかに深く張れない分、地上に根を出しておおきな体を支えています。

優しく触ってみると、板根は固く、しっかり中までつまっているのがわかります。

昔は、根を切り出し、まな板などにも使われていたそうです。

 

木にダメージを与えないでください

 

やさしく触って木の生命力を感じるくらいなら大丈夫ですが、

木の根を蹴ったり、叩いたりはしないでください。

 

元々、深くまで根を張っていない木なので、

根のまわりを人間が歩きすぎると

地面の中の根っこがダメージを受けて倒れてしまうことがあります。

あまり側には寄りすぎないでください。

 

大きな固い種

 

大きなサキシマスオウの木の周りを歩いていると、

変わった形の種が落ちています。

ギョウザみたいな形をしており、固い種。

それが、サキシマスオウの木の種です。

 

動物に食べられないようにか、固い殻で覆われています。

水をたくさん吸うと、種が割れ、中から芽と根がでてきます。

発芽率はそこまで高くありませんが、

しっかりと地面に根を張り、幼木が生まれます。

 

大きさは小さいですが、ちょっとやそっとの風ではビクともしない。

足腰がしっかりとした木です。

大きくなると、板根が発達してくる。

大きくなるのを見届けるのが、楽しみになってきます。

 

他の植物もドンドン紹介していきます。

 

今回は、サキシマスオウの木を紹介しましたが、

前にも書いたように、西表島には、いろいろな種類の木が生えています。

その木たちを、今後紹介していきますね。

植物のことを、もっとよく知ると、西表島へ来た時に

もっともっと、面白い体験ができますよ。

植物ライフを楽しんでください!

 

ガイド飯田(写真/文)

クリックすると視点を変えた写真をお楽しみいただけます!

西表島 フィールドへの想い

西表島フィールドニュースは、2002年の夏から始まりました。始めは数日おきに書いていましたが、やがて毎日書くようになってきました。
西表島の様々な自然の様子を中心にエルビーカヤックステーションのカヤックツアーの中での出来事や出会いをこのページでお伝えしています。
正直、このフィールドニュース毎日は大変な作業ですが、実はフィールドに出るガイドにとっては、いい勉強になります。<
写真を撮り、文章を書くことで、フィールドを細かく見るようになりました。一見南国西表島の自然には、変化がないようですが、実はしっかりと四季折々の変化があります。
しかし、その変化に気付くためには、毎日意識して自然を見ていくことが必要なのです。気温の変化、季節による風向きの変化なども生物の営みに影響があります。そんなことをエルビーカヤックのガイドたちは大切に考えています。(2005年5月)