English
ツアーガイド採用情報→

とある1日。外離島シュノーケル:S2

送迎後、浜港で天気や自然状況、ツアー行程、パドルの使い方、カヤックの乗り降りのレクチャーを受けたのち、シーカヤックで内離島うちぱなり外離島そとぱなりの間に、干潮時にできる白州しらすの浜と呼ばれる砂浜へ向かいます。

s2-1

白浜港を出発してすぐ正面にある内離島の岸沿いを進み、外離島までは比較的浅い場所を漕いでいけますので、シーカヤック初心者の方も安心してサンゴの海へ漕ぎ出すことができます。

途中、晴れた日のカヌーから見える海の色はこんな感じ!

s2-2

透き通る海の下には、色とりどりのサンゴや熱帯魚の姿が見られ、時折、小さな魚の群れが水面を飛びはねます。
潮風に吹かれながら、西表島のコバルトブルーの海でのシーカヤックを思う存分楽しんでください。

ゆっくりとシーカヤックを楽しんだら、シュノーケル第一ポイントの白州に到着。

s2-3

真っ白な砂浜の上には、砂紋(さもん)が見られます。

人の踏み入ることの少ない場所では、美しい自然現象が見られる事があります。

誰もいない砂浜の上から見る海や島の景色は、自然を独り占めしているような贅沢な気分が味わう事ができます。

白洲でのんびりと過ごした後は、ガイドによるシュノーケルのレクチャーを受け、カヤックに乗って第一ポイントへ。

s2-4

第一ポイントでは、身体を慣らし、シュノーケルの仕方を徐々に確認しながら、比較的浅いところを選んで珊瑚や魚を楽しみましょう。

【シュノーケルの写真】

海の中はカラフルな魚がいっぱいで、まるで水族館のよう!

第一ポイントでシュノーケリング終了後、カヤック乗り、外離島へ上陸します。そこでアツアツの八重山そばをつくります。

s2-5

昼食後、ゆっくりした後は、カヌーでシュノーケル第二ポイントへ向かいます。

untitled

カヌーを漕ぐ横に見える海は、サンゴ礁が無限に広がり、テーブルサンゴやエダサンゴなど様々なサンゴが広がり。熱帯魚たちにとってサンゴ礁は海のオアシスになっています。

カヌーの上でシュノーケルを着けたら、エメラルドグリーンの海へダイブ!!

s2-6

カヤックからのシュノーケルは、自然との距離が近いです。

穏やかな内海では、ウミガメやサンゴに群れる小さな魚を探す事ができます。

外洋に近づけば、彩り豊かな大きなサンゴの群落があります。

そのサンゴ礁の周りには大きな魚も見られます。

サンゴの海で、自然と溶け込みながらカヤック&シュノーケルで西表島の海を全身で感じて下さい。

s2-8

サンゴのリーフエッジ沿いをゆっくり泳いで、サンゴや亜熱帯の魚と一緒に泳いでみませんか?

当ツアーについては ブログ『西表島☆百科』 で、さらに詳しいツアーの様子や ツアーで出会える西表島ならではの動植物たちをたくさん紹介しています! ぜひご覧ください☆

【海】
外離島シュノーケルコース(シーカヤック&シュノーケル)(S2)
● 時間:8:30〜16:00(約7時間)
● 料金:大人 13,200円
※ ガイド料・カヤック一式レンタル料・昼食代・消費税込み
※ 参加対象は中学生以上のため、子ども料金の設定はありません
● 10才以下のお子さまのご参加はご相談ください

ツアーの参加手順・当日の服装について